黒田玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒田 玲子(くろだ れいこ、1947年10月7日 - )は、日本生物物理学者。東京理科大学総合研究機構教授。日本化学会有機結晶部会部会長。東京大学名誉教授。

経歴[編集]

秋田県生まれだが、出身は宮城県仙台市。父は国文学者の黒田正男(1912-78、宮城教育大学教授)[1]宮城県第一女子高等学校から、1970年お茶の水女子大学理学部化学科卒、1975年東京大学大学院理学研究科理学博士号取得。ロンドン大学客員講師を経て、1986年東京大学教養学部助教授、1992年教授。1993年猿橋賞受賞。2000年より、・小泉・安倍内閣で総合科学技術会議議員、教育改革国民会議委員を務める。2012年東大を定年退任。2012年東京理科大学総合研究機構教授。2013年ロレアル-ユネスコ女性科学賞(物理科学)。

業績[編集]

受精卵の形の違いによって遺伝子の働きが変化することを発見した。具体的には「巻き貝[2]の右巻きと左巻きが、受精後数時間以内の受精卵の形の違いで決まることを、受精卵を直接物理的にねじってみて発見し、2009年ネイチャーに発表した[3]アルツハイマー病のような神経変症疾患の研究を含む幅広い応用ができるとして、2013年度ロレアル-ユネスコ女性科学賞物理科学)を受賞した[4]

著書[編集]

  • 『生命世界の非対称性 自然はなぜアンバランスが好きか』中公新書 1992
  • 『科学を育む』中公新書 2002

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 教養の化学 物質と人間社会 Jerry R.Mohrig,William C.Child,Jr. 東京化学同人 1989.11
  • ゆかいな生物学 ファーンズワース教授の講義ノート フランク・H.ヘプナー マグロウヒル出版 1991
  • マイケル・ファラデー 天才科学者の軌跡 ジョン.M.トーマス 千原秀昭共訳 東京化学同人 1994.12
  • タンパク質 立体構造と医療への応用 ペルツ 東京化学同人 1995.10

引用・脚注[編集]

  1. ^ 「父の教え」産経新聞 2013年12月11日
  2. ^ ヨーロッパモノアラガイ
  3. ^ 「探求 受精卵ねじってみたら」読売新聞 2013年3月7日夕刊7面
  4. ^ 黒田玲子東京理科大学教授 2013年度ロレアル-ユネスコ女性科学賞日本化学会

外部リンク[編集]