黒田湖山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田 湖山(くろだ こざん、1878年明治11年)5月25日 - 1926年大正15年)2月18日)は、日本小説家記者。本名は直道滋賀県甲賀郡水口町(現:甲賀市)生まれ。

経歴[編集]

1878年(明治11年)6月2日、滋賀県甲賀郡水口町に生まれる。上京した後、東京専門学校(現:早稲田大学)にて学び、同郷出身で近江国水口藩藩医の出であった巌谷小波に師事。

小波と共に1885年明治18年)に発足した文学同人結社の硯友社で活動し、日本初の純文芸雑誌である『我楽多文庫』に参加、執筆する。

1895年明治28年)創刊で小波が編集していた、博文館発行の児童文学誌『少年世界』やそれに続くシリーズに参加、多くの児童文学作品を発表する。

中外商業新報(現:日本経済新聞)で記者や社会部部長などを務める傍ら、1899年(明治32年)『少年世界』にイギリスの作家ラドヤード・キップリングが著した『ジャングル・ブック』を邦題『狼少年』として、土肥春曙と共に日本で初めて翻訳、紹介した。

1902年明治35年)には文芸誌『饒舌』を主宰、巌谷小波が主宰し冒険小説家の押川春浪などが在籍していた文学同人サロン『木曜会』に参加する。また、この木曜会の会員だった永井荷風が主幹する『三田文学』初期の活動へも参加していた。

エピソード[編集]

雑誌『中学世界』(1908年11月20日第11巻第15号、増刊号)の記事で、最初はペンネームを『畔骨』と名乗ろうとしたものの、巌谷小波に分かり難いと指摘された事から、自身が琵琶湖に近い近江の出身であることから『湖山人』とした、とある。

作品[編集]

  • 菅笠日記:新小説/1899年
  • 大学攻撃:美育社/1902年
  • 金馬銀馬:博文館/1908年
  • にこにこ太郎:博文館/1909年
  • 少年膝栗毛:博文館/1913年

外部リンク[編集]