黒田清定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
黒田清定
時代 江戸時代
生誕 安永7年(1778年
死没 天保11年11月6日1840年11月29日
改名 一定→清定
別名 通称:勘之進、源左衛門、美作、播磨
主君 黒田斉清黒田長溥
福岡藩
氏族 黒田氏三奈木黒田家
父母 父:四宮義和、養父:黒田隆庸
正室:黒田隆庸娘
里穂子(黒田一修室)、敬子(黒田直倫室)、一葦

黒田 清定(くろだ きよさだ)は、江戸時代後期の筑前福岡藩大老三奈木黒田家の第9代当主。初名は一定(かずさだ)

生涯[編集]

安永7年(1778年)、福岡藩士四宮義和の子として生まれる。のち、同藩士伊丹景弘の猶子となる。

寛政7年(1795年)11月、大老(筆頭家老)黒田隆庸の婿養子となる。寛政12年(1800年)9月に隆庸が没し、11月にその家督と知行1万6205余石を相続し大老(筆頭家老)となる。

享和2年(1802年)、播磨国御着の黒田重隆黒田孝高祖父)廟所建設の際に、大老として石灯籠を献じた。

文化元年(1804年)9月、ニコライ・レザノフ率いるロシア船が長崎に来航した際に、長崎港に兵を率いて駆けつけ警備に当たった。

文政12年(1829年)、藩主黒田斉清偏諱を受け、諱を一定から清定と改める。天保7年(1836年)、家老久野外記による藩政改革「御救仕組」の失敗による藩政混乱の収拾に当たる。

天保11年(1840年)11月6日死去。

参考文献[編集]

参考サイト[編集]