黒田正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田 正巳(くろだ まさみ、大正2年(1913年4月1日 - )は日本工学者工学博士熊本大学名誉教授。

経歴

鳥取県境港市(旧境町[1]栄町出身[2]

境町尋常高等小学校[1]鳥取県立米子中学校[1]松江高等学校(理科甲類)を経て[1]昭和13年(1938年東京工業大学(建築学科)卒業[1]

昭和18年(1943年熊本高等工業学校(後の熊本大学工学部)教授[1]

1960年 東京工業大学 工学博士 論文は 「建築における大きさと形の恒常視に関する実験的研究」。[3]

人物像

趣味は絵画[2]

脚注

  1. ^ a b c d e f 黒田先生文書(2)
  2. ^ a b 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ク…339頁
  3. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク