黒田弘行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田弘行(くろだ ひろゆき、1934年7月1日[1]- )は、日本の小学校理科教師、科学読物作家。

略歴[編集]

岡山県出身。東京学芸大学卒。中野区立桃丘小学校などで、小学校教師として理科、特に生物を教える[2]。87年「サバンナをつくる生きものたち」で日本科学読物賞受賞。

著書[編集]

  • 『初等生物教育入門』国土社 1967
  • 『生物をどう教えるか』新生出版 1979
  • 『理科どう教えるか 12 電気と磁石』新生出版 1980
  • 『理科どう教えるか 3 飼育栽培』新生出版 1983
  • 『アフリカゾウ』 (すばらしき動物)木村しゅうじえ. いちい書房 1984
  • 『生きていく野生動物』全6巻 大日本図書
1 (サバンナの王ライオン) 1985
2 (アフリカゾウの世界) 1985
3 (草原のハンター) 1986
4 (草に生きる動物たち) 1986
5 (木に生きる動物たち) 1986
6 (サバンナをつくる生きものたち) 1986
スピードで生きるチーター
爪と牙で生きるライオン
群れで生きるブチハイエナ
食いわけで生きるシマウマたち
鼻で生きるアフリカゾウ
  • 『サバンナと野生動物』労働旬報社 (青春ライブラリー シリーズ自然と科学 1990
  • 『からだの歴史 ヒトはどのようにしてヒトになったか』 (イラスト読本)農山漁村文化協会 1990
  • 『食の歴史 動物もヒトも食べることで自然をつくる』 (イラスト読本)農山漁村文化協会 1991
  • 『性の歴史 生物として、動物として、人として』 (イラスト読本)農山漁村文化協会 1992
  • 『きみのからだが進化論』全5巻 文・図, 下谷二助絵. 農山漁村文化協会 1994
  • 『アフリカの野生動物誌』 (たんぽぽブックス 労働旬報社 1997
  • 『食って食われて生きる動物たち』 (写真で見るたくましいアフリカの野生動物たち 星の環会 2004
  • 『自然を共有して生きる動物たち』 (写真で見るたくましいアフリカの野生動物たち 星の環会 2004

共編著[編集]

  • 『理科わたしならこうする1年』編. 国土社 1974
  • 『人間は何からうまれたか 動物のくらしと進化』小原秀雄共著 ポプラ社 1981
  • 『わたしたちのクラブ活動 3 理科クラブ、パソコンクラブ』池田博共著 ポプラ社 1989
  • 『滅びゆくアフリカの大自然 絶滅寸前の野生動物とわたしたちの生き方』 (21世紀知的好奇心探求読本 黒田睦美共著 ポプラ社 2000

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『自然を共有して生きる動物たち』著者紹介