黒瀬春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒瀬 春樹
HT-Haruki-Kurose20110608.jpg
阪神時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県岐阜市
生年月日 (1985-04-15) 1985年4月15日(33歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
初出場 2007年4月25日
最終出場 2013年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

黒瀬春樹(くろせ はるき、1985年4月15日 - )は、岐阜県岐阜市出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岐阜県立岐阜商業高等学校時代には、通算で43本塁打を放ったが、春夏とも阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかった。しかし、3年生だった2003年のドラフト会議で、西武ライオンズからの2巡目指名を受けて入団。担当スカウトは長谷川一夫で、同年までのレギュラー遊撃手・松井稼頭央FA権の行使によって翌2004年からニューヨーク・メッツへ移籍)の後継者として期待された。

西武時代[編集]

西武時代(2009年8月14日、西武ドーム)

2005年には、イースタン・リーグ公式戦でチームトップの88試合に出場。打率.256、8本塁打という成績を残した。守備では、主に遊撃で起用されたが、リーグ最多の21失策を記録している[1]

2006年には、イースタン・リーグ公式戦65試合に出場。打率.236、4本塁打、15失策という成績にとどまった。

2007年には、オープン戦で二塁・遊撃・三塁の守備を経験した後に、プロ4年目で初めての開幕出場選手登録を勝ち取った。一軍公式戦への出場機会のないまま3月29日にいったん出場選手登録を抹消されたが、4月25日の対ソフトバンク戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)で一軍デビュー。「9番・二塁手」としてスタメンに起用されると、第1打席に杉内俊哉が投じた初球で一軍初安打、その後の打席で一軍初犠打を記録した。シーズン全体では、一軍公式戦で一塁・二塁・三塁の守備を経験。イースタン・リーグ公式戦では、守備率が初めて.950を越えるとともに、チーム2位の打率.281、6本塁打、42打点をマークした。

2008年には、8月3日の対ロッテ戦(長野オリンピックスタジアム)に「9番・遊撃手」でスタメンに起用されると、5回裏に渡辺俊介からの適時打で一軍初打点を記録した。さらに、同月10日の対日本ハム戦(西武ドーム)では、多田野数人から一軍初本塁打を記録した。イースタン・リーグ公式戦では、一時首位打者に立つなど打撃が好調。シーズン通算では、自己最高・リーグ3位の打率.313と、チームトップの19盗塁を記録した。なお、シーズン終了後には、チームの野手でただ1人ハワイ・ウィンターリーグへ派遣されている[2]

2009年には、レギュラー二塁手・片岡易之とレギュラー遊撃手・中島裕之が公式戦開幕前のWBC日本代表として参加していたことから、オープン戦のほぼ全試合に出場。一軍公式戦でも、在籍中では最多の24試合に出場した。6月14日の対広島戦(西武ドーム)では、延長12回裏無死満塁から代打で起用されたところ、広島のマーティ・ブラウン監督が「内野手5人・外野手2人」の変則シフトを実行。黒瀬は青木高広から痛烈な飛球を放ったものの、左翼手として起用されながら二塁ベース後方を守っていた小窪哲也に捕られた。さらに、小窪 → 捕手・石原慶幸 → 一塁手・喜田剛への転送によって一塁走者が封殺された結果、NPBの公式戦では珍しい「7(左翼手)-2(捕手)-3(一塁手)」という併殺が成立。試合自体も、後続打者の凡退で12回引き分けに終わった[3]。なお、7月に右膝を傷めると、9月には手術を受けている[4]

2010年には、一軍公式戦8試合に出場。2011年には、一軍公式戦への出場機会がないまま、5月25日江草仁貴との交換トレードで阪神タイガースへ移籍することが発表された[5]

阪神時代[編集]

2011年6月5日の対オリックス戦(甲子園)に、代打として移籍後初の一軍公式戦出場[6]。一軍では2試合の出場で2打数無安打に終わったが、プライベートでは、7月11日埼玉県出身の一般女性と入籍したことを公表した[7]。なお、移籍当初の背番号は66だったが、シーズン終了後に38へ変更している[8]

2012年には、一軍公式戦2試合に出場。いずれも三塁手としての出場だった[9]が、打席に立つ機会はなかった[10]

2013年には、一軍公式戦13試合に出場。8月1日の対中日戦(甲子園)では、「6番・二塁手」としてスタメンに起用されるとともに、一軍での移籍後初安打を放っている[11]

2014年以降は、一軍公式戦への出場機会がなかった。2015年10月1日に球団から戦力外通告を受けた[12]ことを機に、現役を引退。12月2日、自由契約公示された[13]

現役引退後[編集]

2015年11月10日に、スコアラーとして西武へ復帰することが発表された[14]

選手としての特徴・人物[編集]

高校時代には、通算43本塁打に加えて、遠投で120m、50m走で5秒9を記録。全国大会や東海大会への出場経験がなかったにもかかわらず、「走攻守三拍子揃った高校球界屈指の大型遊撃手」として評価されていた。しかし、西武への入団後には、公式戦で一塁・二塁・三塁の守備も経験。一軍公式戦では、西武時代の2008年を最後に、遊撃手としての出場機会がなかった。当時遊撃手としてレギュラーであった鳥谷敬の負傷(右手人さし指の爪の裂傷)を機に移籍した阪神でも、移籍の直後から鳥谷が遊撃手としての連続試合出場を再開した影響で、一軍の公式戦で守備に就く場合には二塁手や三塁手として起用されていた。

西武での現役時代には、入団した2004年から2007年まで、高校の先輩・和田一浩とチームメイトになった。黒瀬・和田とも後に他球団へ移籍したが、移籍先で揃って現役を引退した2015年まで、春季キャンプ前には合同で自主トレーニングに取り組んでいた[15][16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 西武 12 14 13 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .154 .154 .154 .308
2008 18 45 38 7 8 2 0 1 13 5 0 0 2 0 4 0 1 5 0 .211 .302 .342 .644
2009 24 27 25 4 5 0 0 0 5 2 2 1 2 0 0 0 0 7 1 .200 .200 .200 .400
2010 8 19 18 4 5 2 0 0 7 0 0 0 1 0 0 0 0 3 1 .278 .278 .389 .667
2011 阪神 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2013 13 15 13 1 3 2 0 0 5 0 0 0 0 0 1 0 1 1 1 .231 .333 .385 .718
通算:7年 79 122 109 16 23 6 0 1 32 7 2 1 6 0 5 0 2 20 3 .211 .275 .294 .569

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2007 3 19 1 0 2 1.000 7 2 6 0 1 1.000 1 0 2 0 0 1.000 -
2008 - - - 15 20 30 4 4 .926
2009 - 4 3 4 0 1 1.000 15 2 22 0 2 1.000 -
2010 - - 6 4 9 1 0 .929 -
2012 - - 2 0 0 0 0 .000 -
2013 - 4 3 1 0 1 1.000 9 0 1 0 0 1.000 -
通算 3 19 1 0 2 1.000 15 8 11 0 3 1.000 33 6 34 1 2 .976 15 20 30 4 4 .926

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (2004年 - 2011年5月24日)[17]
  • 66 (2011年5月25日 - 同年終了)
  • 38 (2012年 - 2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2005年度 イースタン・リーグリーダーズ(守備部門)
  2. ^ 2008年 ハワイ・ウインター・ベースボール 派遣選手
  3. ^ 【6月14日】2009年(平成21年) 4度目で初めて成功 広島 奇策で7―2―3併殺Sponichi Annex『日めくりプロ野球』2011年6月14日掲載分
  4. ^ 西武黒瀬、飛躍へのカギは守備 nikkansports.com 2010年8月3日掲載
  5. ^ トレードのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年5月24日配信
  6. ^ 2011年6月5日(日)阪神タイガース対オリックス・バファローズ戦スコアテーブル
  7. ^ 黒瀬選手の入籍について 阪神タイガース公式サイト
  8. ^ 【阪神】背番号変更を発表 nikkansports.com 2011年12月28日掲載
  9. ^ 2012年度 阪神タイガース個人守備成績(セントラル・リーグ)
  10. ^ 2012年度 阪神タイガース個人打撃成績(セントラル・リーグ)
  11. ^ 2013年8月1日 (木)阪神タイガース対中日ドラゴンズ戦スコアテーブル
  12. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2015年10月1日). 2015年10月18日閲覧。
  13. ^ 2015年度 自由契約選手 2015年12月2日閲覧。
  14. ^ 西武、阪神戦力外の黒瀬氏をスコアラーとして契約 SANSPO.COM 2015年11月11日掲載
  15. ^ 【阪神】11年目黒瀬「今年こそ1軍で」nikkansports.com 2014年1月10日掲載
  16. ^ 中日和田2000安打「早い段階でクリアを」nikkansports.com 2015年1月14日掲載
  17. ^ 黒瀬のトレードの発表は24日、公示は25日だが、24日付の公示で西武に移籍してきた鬼崎裕司の移籍時の背番号も56となり(ただし発表は25日)、24日の時点で登録上は黒瀬と鬼崎の背番号は重複していたことになるが、実際にどのような扱いとなっていたのかは不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]