黒沢隆朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒沢 隆朝(くろさわ たかとも、1895年4月9日 - 1987年5月20日)は、秋田県鹿角郡花輪町(現・鹿角市)出身の作曲家。日本の音楽教育と音楽起源の研究に努めた。別名・水田詩仙(みずたしせん)、桑田つねし、秋田実、植村甫(はじめ)、西田徹、藤村俊、藤原俊。次男は黒沢真澄(ヴァイオリニスト)。

略歴[編集]

黒沢隆朝の父は市太郎、代々神職の家であった。小学校の代用教員の傍ら、秋田県師範学校を二度受験するも極度の近視のため不合格となり、明治四十五年(1912年)三度目の受験の際に検査表を書き直して合格した。大正六年(1917年)に秋田師範学校を卒業。1918年上京して東京音楽学校(現・東京藝術大学)甲種師範科に入学。ヴァイオリンを学び、山田耕筰田辺尚雄に師事。また在学中から「音楽」誌などに文章を執筆した。大正10年(1921年)、東京音楽学校を卒業した。

卒業後は高知県師範学校義務教生を経て渋谷の猿楽小学校、常磐松小学校に勤め、三十七歳の頃退職。この頃、小学唱歌「私のうち」をはじめ1924年1927年(昭和2年)にかけて敬文館から自作曲集『可愛い童謡』全十集を出すなど童謡運動に参加し、「金魚」「もぐらもち」「めだかとかえる」などの童謡を作曲した。大正13年(1924年)朝鮮に渡り、当時朝鮮の王公族だった李徳恵姫徳恵翁主)が作謡した「びら」、「雨」、「蜂」、「ねずみ」の4曲の作曲を行い、9月3日に朝鮮京城の日の出小学校において御前演奏を行っている。[1]また児童むけの音楽教科書作りにも貢献した。

一方、変名を用いて作詞・訳詞活動も活発に行い、水田詩仙の名でフランス唱歌「サンタクロース」や、NHK「みんなのうた」で有名なドイツ民謡「山の音楽家」を、桑田つねしの名でウェーバー作曲の「狩人の合唱」、藤村俊の名でドイツ民謡「秋の山楽」などの詞をそれぞれ翻案し、植村甫の名ではシューマン作曲の「楽しき農夫」に、西田徹の名では「はと時計」(曲・佐々木すぐる)の詞を書いている。

また東洋の民族音楽の研究で業績をあげている。1941年、南方音楽文化研究所(現・日本民族音楽協会)を発足させ、朝鮮、満州、東南アジア諸国、台湾、樺太などで現地調査に従事。昭和14年(1939年)にはアジア音楽調査、昭和16年(1941年)にタイの音楽調査、昭和18年(1943年)に台湾高砂族音楽調査を行い、「音階の発生よりみた音楽起源論」などに結実した研究は<黒沢学説>と呼ばれ、大きな反響を呼んだ。東洋音楽学会の理事を長く務めた。

以後、川村短期大学(現・川村学園女子大学)教授、東邦音楽大学教授、文部省教科用図書検定調査審議会委員音楽部長などを歴任した。

著書に『タイに於ける楽器の調査研究』『東南アジアの音楽』『楽器の歴史』『世界音楽史』『音楽起源論』『ベートーヴェンの生涯』『図解世界楽器大事典』『台湾高砂族の音楽』などあり、各種の音楽教科書の編著もある。作曲作品に「お星様」(黒沢隆朝作詞)、「玩具の舟」(西條八十作詞)のような童謡がある。「お星様」は、大正5年(1916年)頃曙小学校に奉職した折の作詞・作曲である。また「曙小学校校歌」も作曲した。

昭和六十二年(1987年)五月二十日に逝去。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 流じゅうざの日韓朝韓「李徳恵(徳恵翁主)はマジ「アイドル」だった?黒沢隆朝が聞いた歌とは…(その2)」[1]