黒澤英典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒沢英典から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒澤英典(黒沢英典、くろさわ ひでふみ、1937年- )は、日本教育学者武蔵大学名誉教授

人物[編集]

埼玉県秩父生れ。1960年埼玉大学教育学部初等教育学科卒、1969年青山学院大学大学院文学研究科教育学博士課程満期退学。青山学院高等部教諭、流通経済大学助教授、1985年武蔵大学人文学部教授、学部長。2004年定年退任、名誉教授。練馬区子ども読書活動推進協議会会長。埼玉県生涯学習実践作文審査委員会委員長。埼玉県秩父郡小鹿野町教育委員会委員長。[1]

著書[編集]

  • 『戦後教育の源流を求めて 前田多門の教育理念』内外出版 1982
  • 『戦後教育の源流』学文社 1994
  • 『私立大学の教師教育の課題と展望 21世紀の教師教育の創造的発展をめざして』学文社 2006

共編著・監修[編集]

  • 『「現代社会」の理論と実践 新しい社会科教育の創造を目指して』中野目直明共編 酒井書店 1983
  • 『学校改善実践全集 23 信頼し合う教師と父母』高橋均共著 ぎょうせい 1987
  • 『現代社会の教育課題 青少年のすこやかな成長・発達を求めて』共著 学文社 1987
  • 『高校初期社会科の研究 「一般社会」「時事問題」の実践を中心として』若菜俊文,和井田清司,宇田川宏共著 学文社 1998
  • 『「居場所づくり」から「要場所づくり」へ』練馬区地域教育力・体験活動推進協議会共編 学文社 2006
  • 『教育実習64の質問』寺崎昌男,別府昭郎共監修 学文社 2009

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『私立大学の教師教育の課題と展望』著者紹介