黒木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒木駅
国鉄矢部線 黒木駅(廃駅) (福岡県八女市黒木町)
国鉄矢部線 黒木駅(廃駅)
(福岡県八女市黒木町)
くろき
Kuroki
北川内 (4.5km)
所在地 福岡県八女郡黒木町大字今
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 矢部線
キロ程 19.7km(羽犬塚起点)
電報略号 ロキ
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
乗車人員
-統計年度-
507人/日(降車客含まず)
-1981年度-
開業年月日 1945年(昭和20年)12月26日
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日
テンプレートを表示
駅跡付近に保存展示されているC11 61

黒木駅(くろきえき)は、かつて福岡県八女郡黒木町(現・八女市)大字今にあった、日本国有鉄道(国鉄)矢部線廃駅)である。開業時の告示による駅名の読みは、町名と同じ「くろぎ」であったが、それ以後の『停車場一覧』では一貫して「くろき」であった。

矢部線の終着駅で、駅所在地は黒木町の中心地区の北端部にあたり、廃止まで駅舎が残り委託駅員も配置されていた。この駅から先、線名の由来となった矢部村方面への延伸は成らなかった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点では1面1線の単式ホームと駅舎のみがあった。

駅周辺[編集]

現状[編集]

駅舎・ホーム等は撤去され、交差点となっている。当駅の北側近くにC11形蒸気機関車(61号機)が駅名標とともに静態保存されている。 近くの堀川バス「中町」バス停には、2011年(平成23年)5月現在も「黒木駅前←→黒木」の隣接停留所表記が残る。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
矢部線
北川内駅 - 黒木駅

関連項目[編集]