黒木英充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒木 英充(くろき ひでみつ、1961年6月 - )は、日本歴史学者東アラブ地域研究者。専門は、東アラブ近現代史、中東地域研究

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授

略歴[編集]

1985年東京大学教養学部教養学科第2「アジアの文化と社会」分科卒業、1987年、同大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程修了。

東京大学東洋文化研究所助手、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、助教授を経て、同教授。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『「対テロ戦争」の時代の平和構築――過去からの視点、未来への展望』(東信堂、2008年)
  • 『シリア・レバノンを知るための64章(エリア・スタディーズ123)』(明石書店、2013年)

共編著[編集]