黒木淳吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒木 淳吉(くろき じゅんきち、1924年 - 2009年)は日本の小説家宮崎県西都市出身。

1947年、宮崎県工業専門学校土木科を卒業。学校教員を経て宮崎県立博物館、宮崎県立図書館、社会教育課に勤務。県立図書館副館長・県総合博物館館長・県美術館顧問、宮崎県芸術文化協会会長などを歴任。1996年、退職。この間、「龍舌蘭」「群青派」「九州文学」などで創作活動をおこなう。作品集『帯の記憶』で宮日文化賞、『夏草』で宮崎県文化賞、長編『夕映えの村』で九州文学賞を受ける。

著書[編集]

小説[編集]

  • 『夕映えの村』 (鉱脈社、1978年)
  • 『モマが泣いた』 (鉱脈社、1991年)
  • 『自転車と四人と犬と』 (本多企画、1996年)
  • 『黒木淳吉作品集』 (鉱脈社、2002年)

文化論・エッセイ[編集]

  • 『宮崎の旅』 (宮崎日日新聞社、1978年)
  • 『宮崎の名産』 (宮崎日日新聞社、1979年)
  • 『宮崎文化往来』 (鉱脈社、1986年)