黒崎研堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒崎 研堂(くろさき けんどう、嘉永5年2月15日1852年3月5日) - 昭和3年(1928年1月16日)は、江戸時代から昭和時代にかけての書家庄内藩士。鶴岡町会議員、金融機関済急社社長(第3代)、松ヶ岡開墾場総監督。出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)出身。別名は与八郎、馨、聚、敬治、子芳、東瀛。

略歴[編集]

  • 1852年(嘉永5年) - 出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)に、庄内藩家老酒井了明の3男として生れる。
  • 1861年(万延1年) - 藩校致道館入学
  • 1868年(明治元年) - 戊辰戦争に出陣する。庄内藩士・黒崎友信の養子となる。名を与八郎馨と改める。
  • 1872年(明治5年) - 黒崎たき(14歳)と結婚。致道館舎生となる。鹿児島で練兵を学ぶ。松ヶ岡開墾場の経営に参加する。
  • 1876年(明治9年)3月27日 - 鶴岡県督学区準十五等拝命
  • 1879年(明治11年)2月4日 - 旧榊原隊の隊長を委嘱される。
    • 8月9日 - 議員(のちの鶴岡町会議員のようなもの)当選
  • 1886年(明治19年) - 日下部鳴鶴に入門する。
  • 1889年(明治22年) - 金融機関済急社(後の・荘内銀行)社長(第3代)就任
  • 1901年(明治34年) - 鶴岡町会議員となる。
  • 1921年(大正10年) - 松ヶ岡開墾場総監督就任
  • 1928年(昭和3年) - 死去する。享年76。墓所は山形県鶴岡市

出版物[編集]

  • 1984年(昭和59年) - 『庄内日誌. 第1巻』 著者:黒崎研堂 編纂:山添直、久保威夫、田中正臣 出版:黒崎研堂庄内日誌刊行会
  • 1986年(昭和61年) - 『庄内日誌. 第2巻』 著者:黒崎研堂 編纂:山添直、久保威夫、田中正臣 出版:黒崎研堂庄内日誌刊行会
  • 1990年(平成2年) - 『四時佳興 - 黒崎研堂・松平穆堂・吉田苞竹詩選 - 』 著者:黒崎研堂・松平穆堂・吉田苞竹 編纂:致道博物館

親族一族[編集]

門下生[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 『庄内人名辞典』 編纂・出版:庄内人名辞典刊行会
  • 『庄内日誌. 第1巻』 編纂:山添直、久保威夫、田中正臣 出版:黒崎研堂庄内日誌刊行会
  • 『庄内日誌. 第2巻』 編纂:山添直、久保威夫、田中正臣 出版:黒崎研堂庄内日誌刊行会