黒島研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒島研究所
黒島研究所

黒島研究所(くろしまけんきゅうしょ)は、沖縄県八重山郡竹富町黒島にある特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会が運営する研究所石西礁湖ウミガメ類やサンゴの研究等を行っている。

沿革[編集]

1973年に、財団法人海中公園センターの八重山海中公園研究所として、西表国立公園(現西表石垣国立公園)内の海中公園区域の管理と利用のために発足した。その後、名古屋鉄道の財政支援も受けながら約30年にわたり活動を続けたが、2002年3月には海中公園センターの解散に伴い閉鎖が検討された。しかし、同年4月に特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会の附属施設として運営が再開されている。2005年には、日本国内各地のウミガメ産卵地で毎年開催されている日本ウミガメ会議を主催した。

展示[編集]

入口の向かって左側に資料展示室、右側に生物飼育室が配されている。

資料展示室には、ウミガメや鳥類の剥製、サンゴや貝類の標本、漁労具等の民具、仲本海岸に漂着したH-IIAロケットの衛星フェアリング[1]等が展示されている。また、資料展示室に隣接した屋外ではクジャクが飼育・展示されている。

生物飼育室では、ウミガメ(仔ガメや小型のカメ)、ウツボミノカサゴ等のサンゴ礁の魚類、サキシマハブヤシガニ等の八重山諸島で見られる生物が飼育・展示されている。さらに、飼育室先の屋外のプールでも大型のウミガメが飼育・展示されている。

所在地[編集]

  • 沖縄県八重山郡竹富町字黒島136番地

脚注[編集]

  1. ^ 2007年5月28日に漂着したもので、きく8号の打ち上げに用いられたH-IIAロケット11号機のものである。

関連項目[編集]

外部リンク・関連記事[編集]