黒岩万吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒岩 万吉(くろいわ まんきち、1871年2月明治4年〉 - 1899年明治32年〉9月27日)は、高砂部屋に所属した元力士[1]

本名は山下(後に黒岩に改姓)万吉[1]。身長179cm,体重86kgと小兵だった。出身地は現在の鳥取県東伯郡(旧・伯耆国八橋郡)。

最高位は東前頭2枚目。

最初は大坂相撲の廣角組(眞鶴部屋)に所属。その後東上して、1895年1月初土俵(幕下)。1896年1月新十両[1](西二段目7枚目となり十両相当となった)[1]1896年1月、6勝1敗1分1預の好成績を残し、翌5月場所に新入幕。吊りからの速攻を中心にした取り口で将来を期待された。しかし、入幕4場所後の1899年1月場所後、心臓病を患い、翌5月場所を全休。その後、病から回復することなく同年9月27日に28歳で死去した。

幕内通算 5場所 17勝13敗2分2預16休を残した。

改名歴は1回ある:黒岩 萬吉 → 黒岩 万吉[1]。但し、大坂相撲時代は勝栗→玉鶴と名乗っていた事もある。

 出典 [編集]

 関連項目 [編集]