黒乙女-シュヴァルツ・メイデン-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒乙女-シュヴァルツ・メイデン-』(くろおとめ-シュヴァルツ・メイデン-)は、玖野暮弥による日本ライトノベルイラスト上田キクが担当。2008年富士見ファンタジア文庫富士見書房)より刊行。

ストーリー[編集]

「黒き森」で暮らし、迷信的な事件を解決することを生業とする少女シェルーナ。そんなある日、彼女のもとに名家の娘マリーがとある依頼を持ちこんでくる。

登場人物[編集]

シェルーナ
「黒き森」で暮らす少女。「黒き森の魔女」と呼ばれる。無表情で毒舌。人間に対し嫌悪感を持っている。
マリー・ロシェル
魔術師の名家ロシェルの娘。高飛車な態度で、派手な装飾や服装を好む。
ルビアス
シェルーナの保護者の青年で、シェルーナの育ての親。
ファントム
シェルーナの執事。常に布袋を頭から被っている。
ハリト
シェルーナの知り合いの情報屋。いつも不機嫌な態度をとっている。本業は物書き。

既刊一覧[編集]

玖野暮弥富士見書房富士見ファンタジア文庫

  • 『黒乙女-シュヴァルツ・メイデン- 黒き森の契約者』 2008年6月25日初版発行、ISBN 978-4-8291-3305-7