黒ヘル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒ヘル(くろヘル)とは、1968年-1970年前半の学生運動黒色で着色したヘルメットを使用した組織、傾向をさす。

黒色はアナキストの色とされ、共産主義の「赤」に対して無政府主義の「黒」といわれる。またイタリアなどのファシストの一部も黒色を好んだ。

黒ヘルを使用した組織や運動には次のようなものがある。

アナキスト
アナキストの個々の組織の違いを越えて使用。大半は、艶消しの黒色。アナキスト革命連合など。
ノンセクト
ノンセクトラジカルとも呼ばれる無党派グループ。早稲田大学反戦連合法大全共闘など。
民族派右翼
維新を主張する反体制派の右翼。日本学生会議など。
第四インターナショナル
第四インターは色を持たなかったため。日本支部から分裂したプロレタリア軍団などが黒ヘルを採用。ただし、第四インター本隊のヘルメットは赤地に鎌と槌を逆向きにしたマークをあしらったものであった。

関連項目[編集]