黒い牡牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒い牡牛
The Brave One
監督 アーヴィング・ラパー英語版
脚本 ハリー・S・フランクリン
メリル・G・ホワイト英語版
ダルトン・トランボ (クレジット無し)
原案 ダルトン・トランボ (当初は「ロバート・リッチ」名義)
製作 モーリス・キング
フランク・キング
英語版
出演者 マイケル・レイ英語版
ロドルフォ・オヨ・Jr英語版
エルザ・カルデナス英語版
カルロス・ナヴァロ英語版
ジョイ・ランシング英語版
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ジャック・カーディフ
編集 メリル・G・ホワイト
製作会社 キング・ブラザーズ・プロダクションズ
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年10月26日[1]
日本の旗 1956年11月23日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

黒い牡牛』(くろいおうし、The Brave One)は、アーヴィング・ラパー英語版監督による1956年のアメリカ合衆国のドラマ映画である。

アカデミー原案賞を獲得し、また編集賞録音賞にノミネートされた。

原案としてクレジットされているロバート・リッチは下院非米活動委員会への証言拒否により1947年にハリウッド・テンの一人としてブラックリスト入りしたダルトン・トランボである。トランボには1975年にアカデミー賞が贈られた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1971年5月3日『月曜ロードショー』)

評価[編集]

興行成績[編集]

キング・ブラザーズはこの映画の興行失敗により600万ドルの損失を出したとしてRKOを訴えた[2]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞[3] 原案賞 ダルトン・トランボ(当初は「ロバート・リッチ」名義) 受賞
編集賞 メリル・G・ホワイト ノミネート
録音賞 バディ・マイヤーズ英語版 ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ The Brave One: Detail View”. American Film Institute. 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ FILM GROUP FILES SUIT OF $6,030,000: King Brothers Alleges Trust Violations in 3 Releases – Doris Day in Musical By THOMAS M. PRYOR Special to The New York Times.. New York Times (1923–Current file) [New York, N.Y] November 5, 1958: 43
  3. ^ The 29th Academy Awards (1957) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]