黄金の心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄金の心』(おうごんのこころ、Corazón de oro)は、1928年フランシスコ・カナロが作曲したバルス・タンゴ(アルゼンチンの民族音楽としてのワルツ)の曲。

概要[編集]

元々は2拍子のタンゴの曲だったが、3拍子のワルツに変えられた。フランシスコ・カナロ楽団の演奏で知られる。

ヘスス・フェルナンデス・ブランコ(Jesús Fernández Blanco)による歌詞がついているが、歌詞なしで演奏されることもしばしである。

外部リンク[編集]