黄邵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
黄邵
後漢
黄巾軍頭目
死去 建安元年(196年
拼音 Huáng Shào
テンプレートを表示

黄 邵(こう しょう、? - 建安元年(196年))は、中国後漢時代末期の人物。黄巾軍頭目の一人。

正史の事跡[編集]

三国志』「魏書」武帝紀に名が見える。それによると、何儀劉辟・何曼らとともに黄巾賊の一党として汝南郡潁川郡を根拠とし、それぞれが数万の軍勢を率い、初めは袁術、のち孫堅に服属していたという。建安元年(196年)2月、曹操が黄巾軍の征伐に来ると、黄邵は曹操軍に夜襲をかけたが、于禁の軍から逆襲を受け、戦死した。生き残った何儀らは曹操に降伏した。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』でも、史実同様に汝南郡・潁川郡を拠点にしていたため、曹操の攻撃を受ける。何曼を討ち取られ、黄邵も李典に生け捕られてしまう。その後、何儀も捕えられると、2人まとめて曹操に処刑されている。

参考文献[編集]