黄色爪症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄色爪症候群
分類および外部参照情報
ICD-10 L60.5
OMIM 153300
MedlinePlus 003247
eMedicine article/109403

黄色爪症候群(おうしょくそうしょうこうぐん、Yellow nail syndrome)とは、成長遅延を伴う黄色爪、胸水、リンパ浮腫を3徴候とする疾患である[1]。リンパ系の異常が原因と考えられている。原因不明のこともあるが、腫瘍随伴症候群膠原病、薬剤誘発性のものなどもみられる。

治療[ソースを編集]

確立された治療法は無い。対症療法が基本となる。クラリスロマイシンが効果を示したという報告[2]や、ビタミンE亜鉛ステロイドが効果などが効果を示したという報告もある。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Emerson PA. Yellow nails, lymphoedema, and lleural dffusions. Thorax 21:247-253,1966.
  2. ^ Suzuki M, et al. A case of yellow nail syndrome with dramatically improvrd nail discoloration by oral clarithromycin. Case Rep Dermatol 3:251-258, 2011.

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]