黄易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄易

黄 易(こう えき、男性、1744年 - 1802年)は、中国清朝 嘉慶道光期の篆刻家書家画家である。西泠四家に加えられる。

を大易・小松、は秋影庵主、小蓬莱閣。浙江仁和の人。

略伝[編集]

詩人である黄樹谷の子で、詩を家学とした。また篆書隷書を得意とし山水画も巧みで董源関同に師法している。父の死後一時貧窮したが、山東兗州府済寧運河同知の官吏となる。金石文を探して収集し「訪碑図」を画いている。金石家である阮元王昶翁方綱孫星衍らと交流した。後漢の頃に造営された嘉祥県武氏の祠の石室は荒れるに任されていたが黄易の努力によって保護された。

篆刻は丁敬に直接師事した。丁敬は黄易の作品をみて非常に喜んだという。の印に学び独自の境地を拓いた。金石学に詳しいことから「丁黄」と並称される。

著書[編集]

  • 『小蓬莱閣金石文字』
  • 『小蓬莱閣集』
  • 『秋景庵印譜』

出典[編集]