麻績城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
麻績城
長野県
麻績城跡の標柱
麻績城跡の標柱
城郭構造 山城、居館
築城主 服部氏
主な城主 服部清信青柳清長、(麻績氏
廃城年 1596年
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 県指定史跡[1]

麻績城(おみじょう)は、長野県東筑摩郡麻績村にあった日本の城

概要[編集]

戦国時代麻績の地を支配したのは服部清信であった。麻績城の南西の麻績古城(虚空蔵山城)に居を構えていたが、守りを強化するために麻績城を築いた。

しかし、天文22年(1553年)甲斐の武田晴信が筑摩郡に侵入し、青柳城青柳清長を従えて服部氏を追い払い、青柳氏麻績氏を名乗り、麻績城には青柳氏が移った。

天正10年(1582年)、武田氏滅亡により織田信長麾下の木曾義昌の所領となるが、本能寺の変で織田氏の軍勢が信濃から撤退すると(天正壬午の乱)、上杉景勝は旧服部氏の麻績左兵衛清正を入城させた。しかし信濃府中を回復した小笠原貞慶との争奪の地となり、最終的には小笠原氏の支配地となった。

脚注[編集]

  1. ^ 県史跡 (PDF)”. 長野県 (2013年1月1日). 2013年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]