麻田奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あさだ なみ
麻田 奈美
プロフィール
生年月日 1953年12月15日
現年齢 63歳
出身地 日本の旗 日本東京都江戸川区
血液型 O型
瞳の色 ブラウン
毛髪の色 黒髪
公称サイズ(1972年時点)
身長 / 体重 154 cm / kg
スリーサイズ 85 - 60 - 58 cm
活動
デビュー 1973年
ジャンル グラビア
モデル内容 ヌード
他の活動 CMモデル歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

麻田 奈美(あさだ なみ、1953年12月15日 - )は日本1970年代に活動したグラビアモデル。「りんごヌード」と呼ばれる一枚の写真をきっかけに大ブレイクし、ヌードモデルでありながら当時の青年(団塊の世代しらけ世代)のアイドルにまで祭り上げられた。なお、「麻田奈美」は芸名であり本名は非公開。

概要[編集]

東京都江戸川区出身。小学生時代にクラシックバレエを習い、中学ではバスケットボール部に所属。都立武蔵丘高校を卒業する頃には当時の日本人としては珍しく、肉感的な体に並外れた巨乳と大きなヒップを持つ豊満な体型に成長した。この若く美しい頃の姿を記録として残してやりたいと考えた母親が、娘が18歳だった1972年秋に写真家・青柳陽一ヌード写真の撮影を依頼。これが雑誌グラビアでのデビューの話へつながり、『平凡パンチ』1973年1月29日号に初グラビアが掲載されると瞬く間にブレイクした。

彼女の名を伝説にしたのは『平凡パンチ』1973年3月12日号に掲載された、青柳陽一によるたった一枚の見開きグラビアである。赤い林檎で股間を控えめに隠したこの写真は「りんごヌード」と呼ばれ、のちに販売されたポスターは当時の青少年の部屋に必ず貼られているとまで言われるほどに売られた。圧倒的な反響から麻田のグラビアは『平凡パンチ』に独占的に掲載され、ヌードの掲載された号は大々的に部数を伸ばした。『「ぼくらのオナペット[1]」など公然と性的なコピーをつけられながらも同時に「光と風にたわむれる現代のヴィーナス」(映画監督藤田敏八の表現)とまで言われた。いわゆるアダルトモデルでありながらトップアイドルとしての地位を確立したのは麻田が最初で最後とされる[2]

この1973年には本田技研工業ヤシカのテレビCMへの出演や日本コロムビアからのレコードデビュー(『おそい夏 C/W カトレアの花』)など、グラビア以外の活動も話題となった。一時は熊井啓監督から映画への主演オファーも受けたが、製作会社に予定されていた日活が当時ロマンポルノ路線を敷いていたことから、「娘を無事お嫁にやる義務がある」と責任を感じていた母親がポルノ映画の会社であることを問題視したために断念[3]。結局、熊井は企画を仕切り直して関根恵子を主演に据えて『朝やけの詩』(1973年)として製作、東宝系で公開された[4]。また、当時は音楽評論家の伊藤政則との交際関係が報道され、「朝帰り」の状況証拠から性的な噂が流布されたが、これについては伊藤が各種インタビューで再三「だからリーヤ[5]はないって」「最後までそういう機会はなかった」「入れたことはないよ」など直接的な性関係を否定し、「プラトニックな関係」を強調する発言を行っている。

グラビアの撮影はほとんどがデビュー以来の青柳陽一で、ほかの写真家による撮影、とりわけヌードはごく少ない。人気絶頂の1974年に突然グラビアから遠ざかり、一時休業。1976年にグラビアに復帰した際の場も『平凡パンチ』だったが、青柳とは別の写真家によるセミヌードだった。トレードマークの八重歯は休業期間中に矯正。1977年に青柳と再び組んでセミヌードを披露したのち、ついにヌードグラビアを撮影。復帰直後はスリムだった肉体はしだいに丸みを帯びて豊満さを増し、往時を知らないファンからも新しい魅力を支持された。当時ブラジャーのカップサイズは公表されなかったが、一説にはデビュー時に85cm・Dカップだったバストは5年後には90cm・Fカップにまで成長していたという。

肥満を気にして引退を決意したといわれ、『平凡パンチ』掲載の5年間の集大成となる写真集『麻田奈美 青春の記録』を最後に青柳との仕事は終了。1977年から1978年にかけて『GORO』に篠山紀信の撮影によるグラビアが2回掲載されたのち、本当にグラビアを離れた。こうして麻田の活動はわずか5年あまりで幕を閉じたが、青柳により撮影されたフィルムは1万枚以上と膨大な数が保存されており、2000年からは新たな写真集として数冊が散発的にリリースされている。撮影当時のグラビアではそのまま掲載できなかった陰毛の写りこんだカットも、再版写真集では「ヘア解禁」後の新基準によって無修正でプリントされている[6]。なおこの再版は麻田の同意を得ており、2000年に写真集『APPLE 1972-1977 麻田奈美写真集』の発売が深夜番組『トゥナイト2』で取り上げられたときには本人が出演。当時のファンの印象を崩したくないとのことで顔は隠していたものの、インタビューで近況が伝えられた。

写真集[編集]

  • 平凡パンチ臨時増刊 麻田奈美 青春の記録(青柳陽一 / 平凡出版 / 1977年6月10日)
  • APPLE 1972-1977 麻田奈美写真集(青柳陽一 / アスペクト / 2000年3月 / ISBN 978-4757207202
  • APPLE 2 麻田奈美写真集(青柳陽一 / アスペクト / 2001年3月 / ISBN 978-4757208278
  • 林檎 ANOTHER APPLE 麻田奈美写真集(青柳陽一 / 講談社 / 2004年10月 / ISBN 978-4061723481
  • 最後の麻田奈美写真集(青柳陽一 / マガジンハウス / 2011年9月28日、ISBN / 9784838723195)
  • 麻田奈美写真集『林檎の記憶』1「スタジオテスト」(青柳陽一/アスペクト/2014年9月25日/ISBN-10:4757223765、ISBN-13:978-4757223769)
  • 麻田奈美写真集『林檎の記憶』2「林檎と檸檬」(青柳陽一/アスペクト/2014年12月24日/ISBN-10:4757223773、ISBN-13:978-4757223776)
  • 麻田奈美写真集『林檎の記憶』3「温泉旅行」(青柳陽一/アスペクト/2015年4月24日、ISBN-10:4757223781、ISBN-13:978-4757223783)

その他[編集]

  • dankaiパンチ-東京に吹く風:2008年にビクターエンタテインメントからリリースされたコンピレーションCD。「フォーク編」「歌謡曲」「ポップス編」の3作ともジャケットに麻田奈美のヌード写真が起用されており、「ポップス編」には彼女の「おそい夏」がボーナストラックとして収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自慰の際に性的興奮を得るために想起する対象を意味する当時の流行語。「オナニー」「ペット」を組み合わせた和製造語。
  2. ^ 日本の雑誌におけるヌードのカジュアル化(後ろめたいものでなくなった)もこの頃と言われる。
  3. ^ 週刊文春 1973年11月5日号インタビュー
  4. ^ ZAKZAK 2000年4月5日
  5. ^ セックスを意味する当時の流行語。「ヤる」の反転。
  6. ^ ただし青柳撮影の陰毛写真はもともと微妙に写っているものしかない。「激写」版は脚を開いた写真も多いが当時はエアブラシ修正(陰裂もろとも塗りつぶし)されており、無修正写真は世に出ていない。