麻生レミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麻生レミ
出生名 土生 京子
別名 麻生 京子
生誕 (1944-03-05) 1944年3月5日(73歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都港区
ジャンル ポップス
和製ポップス
グループ・サウンズ
サイケデリック・ロック
ブルースロック
リズム・アンド・ブルース
職業 歌手
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1960年 - 不明
レーベル 日本コロムビア
ワーナーミュージック・ジャパン
共同作業者 ブルーコメッツ
内田裕也とザ・フラワーズ
井上堯之バンド

麻生 レミ(あそう れみ、1944年3月5日 - )は、日本の歌手、ギタリスト。初期の芸名は麻生京子。本名、 土生(はぶ)京子[1]。東京都出身。ソウルフルな歌唱から「和製ジャニス」とも呼ばれ、日本の女性ロック・ボーカリストの草分け的存在である。

来歴[編集]

1960年頃より、ジャズ喫茶などで演奏していたブルーコメッツにボーカルとして参加するようになる。1962年、日本コロムビア主催のコンテストにて最優秀賞を受賞し契約。同年、麻生京子の芸名で「ハンガリア・ロック」でソロ・デビューし、主に洋楽ポップスの日本語カヴァー曲をリリースする。1965年、エレキ・バンドのブルー・ファイアに迎えられ、麻生京子とブルー・ファイアを結成し、ブルーコメッツの前座や、同年秋から放送された「エキサイト・ショー」[注釈 1]でレギュラーをつとめた。1967年、麻生レミと改名し、内田裕也とザ・フラワーズに、ボーカル、サイドギターとして参加し、同バンドは1969年に『Challenge!』をリリース。本アルバムは「左足の男」1曲を除き全て洋楽のカヴァーで、麻生はジャニス・ジョプリンジェファーソン・エアプレインなどのカヴァーを歌っている。また、映画出演[注釈 2]も行っている。同年秋、ザ・フラワーズを脱退し渡米[2]。活動拠点をアメリカに置きつつ、日本でのライヴも行う。1971年1月、オールジャパン・ロックフェスティバルに、村八分頭脳警察らと出演[3]。4月にはアメリカで、麻生レミ(LEMI ASO)&WYNDを結成する。同年7月、来日したグランド・ファンク・レイルロードのオープニング・アクトとして帰国するが、WYNDがビザの関係で入国できず、PYGのメンバーや山内テツらがバックバンドをつとめ、ジャニス・ジョプリンのカヴァーを中心に歌った。1976年、井上堯之ウォーターバンドをバックに[4]ワーナーミュージック・ジャパンより、ジャズ・シンガーとしての一面も見せる[5]初のソロ・アルバム『オウン・ラインズ』をリリース。1978年、陳信輝をギターに迎え、カナダで録音された『ザ・ビギニング』をリリース[注釈 3]。 その後、アメリカでライヴを中心に活動した。2016年現在カナダ在住。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • オウン・ラインズ (1976)
  • ザ・ビギニング (1978)
  • カルトGSコレクション 日活編~麻生レミ/フラワーズ (2006) ※オムニバス・アルバム
  • ハンガリア・ロック コロムビア・イヤーズ コンプリート・コレクション (2014) ※コンピレーション・アルバム

シングル[編集]

(麻生京子名義)

  • ハンガリア・ロック (1962) (オリジナル「Franz List Twist」)
  • カッコいい彼氏 (1962) (オリジナル「Gonna Git That a Man」)
  • 恋をしましょう (1962) (オリジナル「Let's Talk About Love」)
  • くちびるに太陽(1963) (オリジナル「The Life of the Party」)
  • 太陽よりも彼 (1963) (オリジナル「Blow Out The Sun」)
  • ミスター・ベース・マン (1963) (オリジナル「Mr. Bass Man」)
  • あたしのベイビー (1963)(オリジナル「Be My Baby」)

(麻生京子とブルー・ファイア名義)

  • ダイナマイト(1965) ※ソノシート、コンピレーション [注釈 4]

(麻生レミ名義)

  • 美しく燃えながら (1978)(原題「One Thing That Beats Failin'」)

注釈[編集]

  1. ^ エレキ・バンドの勝ち抜き番組。
  2. ^ 日活映画『恋のつむじ風』、『無頼・殺せ(バラせ)』にザ・フラワーズが出演。麻生のボーカルやギタープレイを観る事ができる。
  3. ^ 両アルバムとも2012年にCD化された。
  4. ^ 収録曲:「涙の乗車券」、「ダイナマイト」、「夢のマリーナ号」、「パサディナのおばあちゃん」、「踊ろよベイビー」、「ミスター・ムーンライト

脚注[編集]

  1. ^ discogs.com[1]
  2. ^ 内田裕也HP[2]
  3. ^ 『諸君-Issues 1-3』、文藝春秋、2002
  4. ^ 『オウン・ラインズ』ライナーノーツ、内田裕也
  5. ^ 『Jポップを創ったアルバム 1966‐1995』、平凡社、2008、ISBN: 978-4582127256