麹文泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
麴文泰から転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「麴文泰」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

麴 文泰(きく ぶんたい、? - 640年、在位624年 - 640年)は、高昌国の王。麴伯雅の子。母は宇文氏の華容公主。

630年に入朝した。その後、西突厥と同盟して、伊吾国を攻撃した。また唐と西域の間の通商路を遮断した。唐の太宗は文泰に入朝を求めたが、文泰は病と称して赴かなかった。そこで太宗は、高昌国に対して侯君集薛万均らの討伐軍を派遣した。

文泰は唐軍がやってくると聞いて、

「唐国はここから7千里、砂漠で2千里を隔てており、地に水草は無く、冬の風は凍えるように寒く、夏の風は焼けるように暑い。砂漠の風の吹くところ、行く者の多くは死に、100人でもたどりつくことができないのに、どうして大軍を到達させることができようか? もしわが城下にたどり着けたとして、20日もすれば食糧は必ず尽き、おのずと魚の潰れたようになるだろう。それから捕虜にしてしまえばいい。何を心配することがあろうか。」

と豪語した。

唐軍が磧口に到着したとき、文泰は狼狽してなすところなく、間もなく病死した。その子の麴智盛が王位を継いだ。

文泰の妻は宇文氏で、唐の太宗に李姓を賜り、常楽公主に封ぜられた。

先代:
麴伯雅
高昌国の国王
624年 - 640年
次代:
麴智盛