麗奈 (アーティスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
麗奈
出生名 稲田いなだ 麗奈れいな
生誕 (2001-02-03) 2001年2月3日[1][2][3]
出身地 日本の旗 日本鹿児島県
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 2021年 -
レーベル
公式サイト 麗奈 Official Site
麗奈
YouTube
チャンネル
活動期間 2010年9月11日 -
ジャンル 音楽
登録者数 3万人
総再生回数 1436万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年8月6日時点。
テンプレートを表示

麗奈(れいな、2001年平成13年)2月3日[1][2][3] - )は、日本シンガーソングライター

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」の第1回グランプリアーティスト[4]

鹿児島県出身。

略歴[編集]

幼少期[編集]

鹿児島生まれ鹿児島市育ち[5]。幼少時は『魔法戦隊マジレンジャー』が大好きで、マジレンジャーの足音や落ち込んだマジブルーの鍋磨きシーンがお気に入りで、マジピンクのスティックを所持していた子供だった[6]。動物が好きなため、一番最初の夢は獣医師だった[7]

物心ついたときから、いつも家の中や車の中で家族が曲を流したり、家族が麗奈をライブに連れて行くほど長渕剛が好きな家族の影響もあり、同じ鹿児島県出身の長渕に影響を受け、母にねだって買って貰った子供サイズのギターで小学4年生だった9歳からギターを始め、まだうまく弾けないのが悔しくて泣きながら練習し、その3ヵ月後の2010年(平成22年)9月11日から自身のYouTubeチャンネルにて、弾き語り動画の投稿を始める[8][9][10][11][12]。YouTube初投稿は長渕の「とんぼ[10]。ギターを弾きたいから弾いていただけで、歌手になりたいとは特に思っておらず、練習して弾けるようになった曲を発表する場として、麗奈の成長を記録するような感じで、家族がビデオカメラのセッティングを行い動画を撮影して投稿していた[7][9]。10歳の頃にYUIや長渕剛の曲をカバーし初めて人前で歌う[13][14]。幼い頃から歌が好きで小学4年生からギター教室に通っていたが[15][16]、弾き始めの頃はギターを少し習ったものの、後はYouTubeのギター講座を見たり、イベントで知り合った他の出演者に分からないところを質問しつつ、ほぼ独学で練習[2][9]ボイストレーニングも重ねていった[17]ニコニコ動画では、2011年(平成23年)から2014年(平成26年)まで、ギターの練習を目的とした弾き語り動画の公開やニコニコ生放送での生配信を行っていた[18]

11歳のときには、鹿児島市の音楽総合ショップ「十字屋CROSS」主催ヤマハ音楽振興会などによる後援の下、鹿児島市のライブホール「キャパルボホール」で2012年(平成24年)8月下旬に行われた、第6回「ミュージックレボリューション十字屋クロス大会」で審査員特別賞を受賞[19]。同大会では、鹿児島県内のアマチュアミュージシャン15組が出場した、2013年(平成25年)9月7日開催の第7回でも、激励賞を受賞した[20]

中学時代[編集]

中学2年生の頃から作詞作曲を開始[7][9]。長渕にに学ぼうと調べていくうちに、その長渕が吉田拓郎に憧れていたことを知り、フォークソングというジャンルを知って聴き漁り、最近の歌とフォークソングを聴き比べ、スリーフィンガー奏法など、かっこいいギターの使い方やアレンジに憧れる[8][11]。この頃から、時には「麗奈」名義で、時には本名で、アコースティック・ギターでの弾き語り活動を行う。12歳のときには、テンパークこと鹿児島市の中央公園で開催された音楽イベント・第3回「鹿児島ミュージックフェスタ」において、2013年(平成25年)10月6日のステージに出演して、初めて広い場所の不特定多数の人前で、YUIや長渕の曲を3曲ほど弾き語りした[7][9][21]。その際のことを自身は「思っていたよりも全然緊張せず、自分でもびっくりした」と振り返っている[7]。「鹿児島ミュージックフェスタ」にはその後も、14歳のときに開催された第4回の2015年(平成27年)5月16日におけるステージや[22]、15歳のときのときに開催された第5回の2016年(平成28年)5月14日におけるステージにも出演。

その一方で、小さい頃から歌も祖母も好きな麗奈は、東日本大震災をきっかけに歌で多くの人を元気づけたいと思い立ち、鹿児島市立紫原中学校に通うかたわら、2013年(平成25年)夏から「介護老人保健施設ひまわりデイケア」や「特別養護老人ホーム清谿園せいけいえん」など、鹿児島市にある高齢者施設を訪ねて歌を披露するボランティアを開始し、長渕の「順子」や「さようならの唄」、「瀬戸の花嫁」、「愛燦々」等に加え、「故郷」等の高齢者になじみ深い唱歌などを歌い続ける[15][16]。その活動の中で「いずれ被災地でもライブをやってみたい」という想いも抱くようになった[15][16]

13歳のときには、「WALK INN FES!」の前哨戦と銘打ち、2014年(平成26年)8月24日に行われたイオンモール鹿児島1階水の広場でのライブステージに単独出演[23]。同会場では、19歳のときの2020年令和2年)11月22日にも麗奈の単独ライブが開催されている[24]

好きなアーティストもアーケード商店街路上ライブをやっていたこともあり、中学3年生の14歳からは、人がいっぱいいるところがいいと天文館で路上ライブを開始。引っ込み思案で人前が苦手なため、こんなところで歌っていいのだろうか、声が届くのだろうかという気持ちもあり、初めは緊張しすぎて歌わずにポツンと座ったままでいた。生まれた時から聴いていた長渕の、かっこいいと思っていた曲「いつかの少年」を歌い、第一声は声も小さかったが、いざ始めると家で歌うよりも気持ち良く歌えた。2014年(平成26年)からはツイキャスでの配信を開始し[25]、後にはLINE LIVE[26]Stager Liveでの配信も行っていた[27]。路上ライブでは、カバー曲のみならず出来たばかりのオリジナル曲も歌っていたが、立ち止まって聴いてくれたり、興味を持って声をかけてくれる者が、若い者も年配の者も年齢に関係なくいた[7]。そうやって皆とコミュニケーションが取れることが凄く楽しく感じ、「楽しいという想いが一番大事なんだ」「自分を成長させてくれるんだ」と思うようになった[7]。路上ライブではアンプが使えないため、生声で歌うことで声も出るようにもなった[7]

14歳だった2015年(平成27年)には、5月3日放送『SCHOOL OF LOCK!』の「長渕LOCKS!」に電話出演[28]。7月19日には、TOKYO FM主催の10代限定音楽フェス「未確認フェスティバル2015 LIVEステージ大阪会場」に出場[29][30][31]。11月10日には、アミュプラザ鹿児島のアミュ広場で行われた「第30回 国民文化祭かごしま・2015」のアミュステージに出演[32]。11月21日には、鹿児島市のベーグル専門店「COZY Cafe&Live」において、初単独ライブを実施[33]。これらの活動を行う中学生の頃から、漠然と音楽をやりたいという想いはあった[34]

高校時代[編集]

2017年(平成29年)4月、熊本県の勇志国際高等学校天草本校トップアスリートコースに進学[35][36][37][38]。後に、THE FIRST TAKE STAGEグランプリ決定時には、同高校から祝福のメッセージがTwitterで贈られ[39]、卒業後の2021年(令和3年)11月5日には、同高校の学園祭に麗奈が出演し、「僕だけを」をはじめとするオリジナル曲や、カバー曲を熱唱[40][41][42]

高校生になり、いつしか「音楽を続けていきたい」という想いを抱くようになり[43]、高校1年生の頃からは地元の鹿児島を中心に活動し、路上ライブだけでなくライブハウスでの活動も加わり、主催ライブも行うなど本格的にライブ活動を開始[9][7][34][44]。地元の鹿児島にはライブハウスは凄く少ないものの、誘ってもらったり[9]、地元のライブハウスに自ら電話で出演交渉して演奏させてもらっていた[7][43]。ライブ活動を始めた頃は、自分の歌に自信が無かった[7]。だが、ライブハウスなどで様々なアーティストに出会え、音楽やライブの話ができたり、音楽活動をしていくうえでの悩みを聞いてもらえたり、相談できたことがたくさんあったため、気持ちが前向きになり自信に繋がっていった[7]。高校生ぐらいからは、動画も自分で投稿するようになった[5]。本格的に音楽活動をやるようになった高校1年から、音楽が自分の夢になったが、家族には話していたものの友人には言っていなかった[7]。2021年(令和3年)のインタビューでは「高校生くらいに作った曲もいくつかあり、まだ公開してない曲もある」と明かしている[45]

2017年(平成29年)11月13日には、高校生だけで作ったコンピレーション・アルバムCD『Unknown』の1曲に、麗奈の「片思い」が収録され発売[46][47]。鹿児島市のキャパルボビル内で「SRファクトリー」が運営するライブハウス「キャパルボホール」「SR HALL」「Live HEAVEN」では、鹿児島高校生イベント「WALK INN HIGH SCHOOL」の2017年(平成29年)10月15日に行われた第13回[48]2018年(平成30年)5月3日に行われた第14回[49]の他、様々なライブに度々出演[50][51][52][53]

東京都の「shibuya gee-ge.」で行われた、女性出演者の歌唱に客が投票しランキングが決定するライブイベント「L.A.B」では、2016年(平成28年)から2018年(平成30年)までの4度の出演でグランプリを3回、準グランプリを1回獲得[54][55][56][57]。「L.A.B」のYouTubeチャンネルでは、麗奈の2曲がアレンジを加えられ、ミュージック・ビデオとして公開される[58][59]。2018年(平成30年)4月1日に大阪市の「Perform art of Music」で開催された単独ライブは完売の「SOLD OUT」[17]。東京都のライブイベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」にも2018年(平成30年)5月26日に出演するなど、鹿児島県以外の都道府県でも様々な場所で活動。14歳だった2016年(平成28年)1月から、自主制作CDも手売り販売していたが、高校生になってからは、ローマ字でデザインされた名前の缶バッヂ、2頭身の麗奈がデザインされた缶バッヂ、ギターを弾く3頭身の麗奈がクリア素材に挟まれたキーホルダーも、あわせてライブ等で販売され、それらの一部はヘイ株式会社が運営するサイト「STORES」内に開設されたネットショップでも販売されていた。

2018年(平成30年)2月16日、鹿児島市の「キャパルボホール」で行われたスガシカオのライブにオープニングアクトとして出演[60][61]

2018年(平成30年)12月上旬、それまで使用していたTwitterアカウントが、2018年(平成30年)5月25日に改定されたサービス利用規約で、利用するには13歳以上でなければならないという年齢制限が開始されたことにより、Twitterを開始したときの年齢が13歳未満だったという理由で凍結[62]。同月下旬には、一緒にライブを開催するなど共に活動することが多かった親しいシンガーソングライターが亡くなる[63][64]。2019年(平成31年)2月以降は、それまで使用していたアメーバブログなどSNS等も削除し、音楽活動を行わない時期が約半年間続いた。後に、当時のことを麗奈は「苦しくて音楽を休んでしまったこともある」と語っている[65]

THE FIRST TAKE STAGE出場[編集]

2018年(平成30年)、ずっと憧れてきた舞台に携わる裏方を学ぼうと[66]鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科に入学[29][67][68]レコーディングの授業も行われ、難しいと思うところも多々ありつつ、色々なことが知れ面白いと感じながら学ぶ。

2019年(令和元年)7月12日、改めてTwitterを開始[69]。ライブ活動なども再開し、CM撮影も行われる[70]。この頃から、本名ではなく「麗奈」名義のみで活動するようになる。

2020年(令和2年)7月25日、クラスの皆で企画した学校ライブ「STAYGE」vol.1に出演[71][72][73]。YouTubeでも公開された[74]。同年8月2日、改めてEggsを開始し、「STAYGE」の時のライブ音源を投稿[75][76][77]。8月上旬のEggs週間ランキングにランク入りし[78][79]、さらに投稿[80]

2020年(令和2年)11月、鹿児島キャリアデザイン専門学校の掲示板に貼られていたTHE FIRST TAKE STAGEのチラシを目にする[9][12][44]。最初見たときは「THE FIRST TAKE」っぽいオーディションだと思い気が付かなかったが、よく見るとTHE FIRST TAKEが行うオーディションと書かれており驚いた[9]。以前から、THE FIRST TAKEのYouTubeチャンネルは見ていたが[9]、将来を考えると音楽でやっていけるのかという不安もあり、これから自分はどうなってしまうんだろう、どうしていったらいいんだろうというと悩みを抱えていたこともあり自信が無く[34][44]、応募しようか悩んで友人達に相談したところ、「応募しなよ」「絶対に応募した方が良い。手伝うから」と後押しされ決意[9][12][44]。音楽をやりたいという気持ちだけは消えず、音楽をやるか裏方で頑張るか迷っていたが、駄目だったら音楽をやめ裏方で頑張ろうと考え[34]、行けるところまでやろうと応募[44]。「僕らの明日」を歌った映像を、1次選考への応募へ送る[81]

2021年(令和3年)3月、アルバイトをしながら通っていた[82]専門学校を卒業[83]。セミファイナルの前にあたる、オーディション3次審査の際は、本番前にカラオケに行き、ひたすら練習[84]。THE FIRST TAKE STAGEの模様は、『めざましテレビ』で連日放送[85][86][87][88][89][注釈 1]。セミファイナルでの歌唱直後のインタビューでは、はにかみながら「今日は思った以上に上手く歌えたんじゃないかと思う」と感想を述べる[90]。ファイナルでは、他の3人のファイナリストと実際に初めて会い、その場で連絡先も交換[9]。2021年(令和3年)6月10日からはTikTokを開始[91]

ファイナリスト4人が参加したリモートWeb会議システムで優勝を告げられた麗奈は、驚いた表情を浮かべた後、静かに涙を流し、応募総数約5000組の頂点に立つ[11]。一般には、2021年(令和3年)7月9日午後10時に、チャンネル登録者465万人を超えるTHE FIRST TAKE YouTubeチャンネルにおいて、グランプリ獲得者の歌唱動画を公開という形で最終結果が発表され、Tomi Yo編曲ピアノ伴奏で参加したオリジナル曲「僕だけを」のTHE FIRST TAKEアレンジ版[9]を歌う動画が公開された[7][11]Spotifyポッドキャストでは、「THE FIRST TAKE STAGE」グランプリ受賞後のインタビュー音声を配信[92]。同年7月9日から、改めてInstagramを開始。日刊スポーツは、一発撮りにちなみ戻る操作を禁止したうえでの記事の一発作りを行いTwitterで公開[93][94]

グランプリ獲得後[編集]

「THE FIRST TAKE」YouTubeチャンネルで公開された「麗奈 - 僕だけを / THE FIRST TAKE」は、6日間で再生回数100万回を突破[95][96]。半年後の12月上旬には、230万再生を突破[12]。THE FIRST TAKE STAGEのグランプリに与えられる特典として、同曲はソニー・ミュージックレーベルズが関わるTHE FIRST TAKEによる音楽配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」から、2021年(令和3年)7月26日にデジタルシングル「僕だけを - From THE FIRST TAKE」として配信[96]。同曲は当日、iTunesのランキングにおいて、ソング部門のJ-POP29位とミュージック53位にランク入り[97]

7月27日からは、インスタントカメラ・チェキ特設ウェブサイトで、麗奈のインタビュー、グランプリ発表から「THE FIRST TAKE」に出演するまでの瞬間などを収めた写真に加え、インスタントカメラ・チェキの「instax mini 40」と、一発撮りオーディションプログラム・THE FIRST TAKE STAGEがコラボレーションした動画で、麗奈が自身のグランプリ受賞を告げられ涙ぐむ瞬間、マイクの前に立つまで、鹿児島の思い出深い場所の紹介と麗奈の心情を、「僕だけを-From THE FIRST TAKE」の曲と共にチェキを通して表現する映像を公開[98][99][100]。動画は特設サイト、富士フィルムYouTubeチャンネル、instaxチェキのInstagramで2分動画が[101]、instaxチェキのTwitterで30秒動画が公開される[102]。この動画は、2021年(令和3年)8月13日から8月19日までの1週間、 イオンシネマ全国95劇場の全スクリーンにて映画上映前に放映された[100]。8月9日から8月15日までの1週間、東京都内最大級のモビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」は、THE FIRST TAKE STAGEとのコラボレーション企画として、車窓デジタルサイネージ「Canvas」搭載車両50台を「THE FIRST TAKE STAGE タクシー」として都内を走行させ、ファイナル選考前から最終日当日を捉えたドキュメンタリーなど、麗奈のオーディションにまつわるシーンを「僕だけを - From THE FIRST TAKE」の曲と共に特別編成した、GROWTH限定の2分間の映像を流し、タクシー空車時には後方左窓ガラスに「THE FIRST TAKE」を象徴するクリエイティブを投影して営業[103][104]

グランプリを獲得してからは声をかけてくれる人が増え、音楽活動を中心にした毎日が音楽漬けの生活を送り[9][5]、引き続きYouTubeやTikTokで多数の歌手を弾き語りでカバー。創作活動や発信をしているアーティスト、創作家、制作者が、自らの新しい創作パートナーを募集するため、自身のページで募集内容を作成し、その募集の立候補者から選ぶ仕組みで、ソニー・ミュージックレーベルズが運営するWebサービスMECREメクル」において、2021年(令和3年)8月に「僕だけを」のミュージック・ビデオ制作者を募集した結果、鹿児島県で映像制作をしている梅津和音が選ばれ、オール鹿児島ロケを実施[105][106]。後に、「僕らの明日」や「ぼく」のミュージック・ビデオも梅津が制作。桜島を背景にした砂浜での弾き語り[40]亀ヶ丘かめがおか[107]城山展望台、自然が多めという理由で麗奈が好きな慈眼寺公園での撮影のほか、鹿児島中央駅アミュプラザ鹿児島屋上にある観覧車では、麗奈は高いところが苦手なため足をすくませながら撮影し、よく路上ライブを行っていた天文館アーケードでは、撮影当日に路上ライブを急遽敢行して、同時にTikTok LIVEやInstagramライブでの生配信も行うなど、3日間撮影を行った[108]。11月15日には、「僕だけを – From THE FIRST TAKE」とは別に、プロデューサー兼アレンジャーを野村陽一郎が行い、アコースティック・ギターとピアノだけでなく、ドラムチェロも加わったオリジナル・バージョンの「僕だけを」をデジタルシングルで配信[109]。11月16日には「僕だけを」のミュージック・ビデオが公開。約1ヶ月半で20万回再生される[110]。12月17日、学生同士が作り上げた企画の、鹿児島キャリアデザイン専門学校YouTubeチャンネルでの配信ライブ「麗奈 LIVE 2021 in キャリデザ」に出演[111]。このライブ動画は後に、2022年(令和4年)2月2日から麗奈のYouTubeチャンネルにおいて、期間限定で公開された[29][67]

2022年(令和4年)1月10日、THE FIRST TAKE MUSICにより、公式ウェブサイト開設。後に公式ウェブサイトは、同年7月27日からソニー・ミュージックレーベルズの運営となる[112]。1月10日、デジタルシングル「僕らの明日」を配信。プロデューサーとアレンジを野村陽一郎が行い、麗奈のアコースティックギターを際立たせるため、シンプルで力強いリズムを中心に構成[113]。同日、ミュージック・ビデオも公開。ミュージック・ビデオのロケは、2日間にわたり冬に鹿児島県で行われ[114][115]笠沙美術館[116]など、車を持っていない麗奈が初めて行く場所での撮影も行われ[81]、卒業した専門学校の後輩たちも撮影に参加して、一人ひとりが撮影で使う灯篭にそれぞれの目標や夢を描いた[81][114]

2月16日、CHEMISTRYと一緒に歌った曲「終わらない詩 feat.麗奈」が、CHEMISTRYの20周年記念ベスト・アルバムThe Best & More 2001〜2022』にボーナス・トラックとして収録[3][117][118][119]。カバーしてきた楽曲も含め、人生のレパートリーには無く麗奈が今まで歌ってこなかった曲だったため、ボーカルディレクション担当者とディスカッションしながら歌入れを行った麗奈は、「アドバイスされてから歌うと、こういう歌い方があるんだという新たな発見もあり、歌い方も勉強になった」と語っている[34]

3月21日、デジタルシングル「ぼく」を配信。「僕だけを」「僕らの明日」に続く僕3部作の完結編[120]。野村陽一郎がプロデューサーとアレンジを担当し、アコースティックギターとストリングス加え、堀正輝のドラム演奏が加わったシンプルな構成になった[121]。同日、ミュージック・ビデオも公開。ミュージック・ビデオは鹿児島県で撮影され、麗奈がフィルムカメラで撮影した写真やレコーディング風景で構成[120][122]

僕3部作では、PR活動の一環も兼ね、2022年(令和4年)4月21日に全国放送された『NHKニュースおはよう日本[123][124]の他、NHK鹿児島放送局情報WAVEかごしま[125]をはじめとする鹿児島県の地上波放送テレビ番組のみならず[126][127]FBS福岡放送バリはやッ!ZIP![128]KKT熊本県民テレビてれビタevery.[129]にも出演。ラジオ番組では、以前は生徒として出演した『SCHOOL OF LOCK!』に、正式なゲストとして2022年(令和4年)2月1日に出演し[1]InterFM897『MUSIClock with THE FIRST TIMES』には、2021年(令和3年)12月の毎週木曜日にゲスト出演したほか[130]JFN[131]文化放送[132]J-WAVE[133]エフエム・ノースウェーブ[134]エフエム富士[135]YBSラジオ[136]エフエム群馬[137]RKBラジオ[138]エフエム福岡[139]CROSS FM[140]ラブエフエム国際放送[141]など多数のラジオ放送局での番組に出演。僕3部作は、「僕だけを」がApple Musicの、次なるJ-POPをけん引するアーティストを選んだプレイリスト「ブレイキング:J-Pop」に選出[142]、「僕らの明日」がSpotifyで「成人の日プレイリスト」に選出[143]、「ぼく」がSpotifyの、Spotifyが注目する新人のプレイリスト「RADAR: Early Noise」、日本の十代に聴かれている話題曲のプレイリスト「Teen Culture」、日本の女性アーティストの歌を選んだプレイリスト「Women's Voice」に選出された[144]。2022年(令和4年)6月22日、東京都の渋谷CLUB QUATTROで行われた「CLAPPERBOARD -Enjoy the weekend!」第8回に出演[145][146]

メジャー・デビュー[編集]

2022年(令和4年)7月27日、ソニー・ミュージックレーベルズの社内レコードレーベルであるSME Recordsよりデジタルシングルで配信された「キミをアイス」でメジャー・デビュー[147][148][149]。麗奈のSNS公式アカウントでは、この曲のスペシャルショートムービーも公開[150][151]。この曲は、ソニー・ミュージックエンタテインメント が運営し、YOASOBIの「夜に駆ける」の大ヒットを生んだ小説投稿サイト「monogatary.com」において、「好き。でも言わない。言えない。」という恋愛の後悔をテーマに2022年(令和4年)4月20日から5月22日まで募集された小説の大賞作を、麗奈が曲にするコンテストで、友人の勧めで参加した[152]椎名みその「彼女のアイス、勝手に食べた」を基に書き下ろされた[153][154]。作曲は、麗奈と野村陽一郎で、プロデューサー兼アレンジャーも野村陽一郎。8月5日には、TikTokなどを中心に活躍するクリエイター・ねる屋。が監督を務めたミュージック・ビデオも公開[155]。この曲は、エフエム鹿児島の夕方のワイド番組μ’s UP!ミューズアップ』2022年(令和4年)8月度エンディング曲に選ばれ[156]、CROSS FMでは8月度上期にパワープレイ[157]。Apple Musicではプレイリストの「最新ソング:J-Pop」「ブレイキング:J-Pop」に選出され[158]、Spotifyで「恋するプレイリスト」に選出された[159]

7月23日から9月11日まで、九州沖縄県にある道の駅20ヵ所にて無料ライブツアーを決行し、会場限定CDも販売[149]。路上ライブを元々行っていた麗奈は、地元の人々に直接音楽を届けに行きたいという想いから、路上ライブのスタイルで行われ、自身のオリジナル曲のほか、リクエストに応えて即興で演奏したり、カバー楽曲も披露[149]。地元・鹿児島県の桜島で4日間連続で開催され、総数100組という九州最大級の出演者が出演するフェスTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2022」において、初日の10月7日に行われるSPECIAL DAYへの出演も決定[148][149]

人物[編集]

2001年(平成13年)2月3日生まれ[1][2][3]身長1メートル62センチ[160][161]血液型はO型[160][161]。3人兄弟の長女で弟が2人いる。喋るのが苦手で、小学校中学校では友達もなかなか出来ずにいた。少しネガティブなことばかりを考えてしまうと本人は語っている[44]。人前に出るのも自分をさらけ出すことも苦手なため、逃げたくなるほどライブは毎回緊張する[5][161]。口数が少なく控えめで、ちょくちょく抜けてるところがあると友人から言われる一方、行動する前は色々考えるものの決めたらすぐに行動して、買いたいものをすぐに買ったり、出かけたいところへすぐに行く一面もあり、友人と遊ぶ際も自分が行きたいところへ行くため、友人には「連れ回してごめん」といつも反省を述べている[7]ライブ動画配信サービスのInstagram LiveやTikTok LIVEで、自宅での雑談や路上ライブなどの生配信を時折行っている。

クリスマスには、ケンタッキー・フライド・チキンフライドチキンを毎年食べている[111]。2021年(令和3年)時点では、さけるチーズにハマり毎日のように食べており、中でも青いパッケージのプレーンが一番気に入っている[162]

ジョジョの奇妙な冒険』などのキャラクターを描くことが趣味で[160][161]イラストを描くことを好み、小学生の頃から自由帳が好きで昼休み等には常に描いていた。風景画人物像などを描いたり、漫画アニメキャラクター模写して、たまに良い絵が描けるとTwitterやInstagramに投稿している[111][163][164][165]。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は公開初日に観に行っており[111]、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、『HUNTER×HUNTER』、『呪術廻戦』など週刊少年ジャンプ系のアニメも好き[34]コンピュータゲームも好きで、2021年(令和3年)に、早めのクリスマスプレゼントとして貰ったNintendo Switchでは、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』にハマり、ポケモンのムクバードが好きで、曲作りの休憩中はNintndo Switchをずっと握っていた[166]。YouTubeで「わいわいのゲーム実況チャンネル」などの実況プレイを視聴することもある[167]

音楽性[編集]

喋るのが苦手で、伝えたい気持ちは色々あるものの、上手く伝えることができないため、自分の感情を一番素直に表現できるのが、歌詞であり歌[9]。理由は、歌詞なら何度も書き直すことができ、書き直しているうちに、自分の気持ちに向き合うこともできるため[9]。曲を作る際は、今の自分の思いをしっかりと歌詞に書くことを一番大切にしており、心に残るような言葉選びを意識しながら作っている[5]。歌詞は、思いついたタイミングでフレーズや言葉を、スマートフォンのメモに書き留めたり、ノートに書き留めている[9][168]。メロディは、普段から鼻歌で考えている[111]。詞を先に書くこともあれば、曲を先に書くこともあるが、基本的には同時に作っていくことの方が多い[9]。自分の部屋で作る時もあれば、公園などへ行って作ることもある[111]。2021年(令和3年)時点では、なるべく自分にとっては明るい、前向きになれるような曲を作っている[111]。聴いた時、麗奈の声だとすぐに分かってもらえる声が、自身の強みだと認識しており、夢は全国各地で歌うこと[8]。自身の曲は、自分のように己の気持ちを上手く伝えられない人にも聴いてもらえたらと思っており[9]、音楽を通じて少しでも、素直な気持ちを書いて伝えていきたいと考えている[108]

YouTube等で歌っている、様々なカバー動画の選曲については、ほぼ自分の好きな曲だが、リクエストで決めている曲もある[2]サブスクリプションのアプリを使って、1日中様々な曲を探すのが好きで[2]、普段から幅広くJ-POPバンドラップ洋楽も、ジャンルを問わず色々な者の音楽を聴く[2][9]。フォークシンガーの歌詞は、素直な気持ちを書いていて現実味があり、歌い方も心に伝わってくるため、歌を誰かに伝えることの大事さを学ぶ教材にしている[8][11]。昔の曲が好きだが、その理由は、かっこいいギターの弾き方でスリーフィンガー奏法などの繊細な弾き方をしていたり、長渕の「夏祭り」のように曲のイントロからこだわっているため[169]。長渕の若い頃の曲が好きで、自分の気持ちをそのまま書いたような歌詞と、スリーフィンガー奏法がかっこいいと感じており[5]、スリーフィンガーやアルペジオ奏法など奏法の面で影響を受けている[9][17]。他にも、吉田拓郎[注釈 2]、尾崎豊、中島みゆきイルカ村下孝蔵森田童子RADWIMPS[注釈 3]に音楽的な影響を受けている[8][9][7][2]。実体験、実際にあったことや、自分のリアルな気持ちをストレートに歌詞にしているところが好きな阿部真央の他、YUI、高橋優には曲作りの面で大きく影響を受けており[9][168]、高橋優の「CANDY」を知って、自分らしく歌詞を書き、自分にしか歌えない歌を歌いたいと思った[168]。長渕にも憧れつつ、竹原ピストル[注釈 4]のように歌詞で貫ける人になりたいとも考えている[17]あいみょんにも憧れており[161]宇多田ヒカル[111][注釈 5]東京事変[12]King Gnu[12]Aimer[162]まふまふ[111][注釈 6]が好きで聴き、海外の者ではBTS[166]BLACKPINK[162]も聴く。ライブには、前述の長渕以外に竹原ピストル[45]ハナレグミ[170]藤井風[171][172]のライブにも行っている。同じ鹿児島県出身のAIについては、元々家族が好きで、「Story」のミュージック・ビデオをテレビで見て好きになり、鹿児島の野外のイベントでの生歌を聴いた際も、喋りに鹿児島弁が混じっているのも印象的で嬉しかったと好感を持っており[45]、同県出身の中島美嘉については、「夢に出てきたが、かっこよすぎて最高のひと時だった」と感想を述べるほど好感を持っている[173]。できればMIYAVIのように上手にギターを弾きたいとも思っており、ちょっとでも近づけるように、かっこいいギターアレンジなど色々な奏法を学びたいとも考えている[174]

麗奈について、THE FIRST TAKE STAGE実行委員はグランプリ受賞に際し「透き通る歌声、女性の共感を生みそうな切ない歌詞、素晴らしいメロディセンス。どこを切り取ってもシンガー・ソングライターとして素晴らしかった。これを1人で作っているという制作力の高さにも驚いた。そこが一番のポイントだった」と講評[175]OKAMOTO'Sハマ・オカモトと、東京事変のメンバーでもある音楽プロデューサー亀田誠治は、セミファイナルの時点では、「一つ一つの言葉を凄く大切に歌っているのが伝わる。弾き語りのスタイルでも、どしっとしている。行ったり来たりしないで、ちゃんと聞いてくださいという気持ちがずっと継続しているのが良い。気持ちとノリが走ってテンポが前になることなく、丁寧にトツトツと歌う感じが凄く将来性を感じさせる。そこができないと曲の聞こえ方が変わってくる」と評価し[169]、グランプリ受賞後の麗奈と対面した際には「麗奈の発する声のひとつひとつから、人となりが伝わってくる」と印象を語っている[7]。亀田は、「声が凄い。唯一無二の授かりものな感じがする[169]」「一つ一つ彼女が発するもの全部が表現になっており、伝えたいことになっている[169]」「歌詞がない部分の、Umm~のハミングの歌唱部分だけでも、歌唱に込める情報量や表情の情報量で、切ない気持ちになる[7][169]」「距離が無いフレンドリー感[169]」「ファルセットに行くときの声と表情が凄く良くて、言葉を全部受け取りますみたいな気持ちになれる[169]」「ここのところ、居そうで居なかったシンガーソングライター。ここからまた聴いてみたいと思わせてくれる[7]」「懐かしさと新しさと。みんなの記憶の中にある佳きJ-POPの真ん中らへんが、未来にすっと伸びていくイメージ[11][44]」「きっと2020年代を代表する国民的なシンガーソングライターになる[11][44]」と絶賛。選考段階から満点を付けている[44]。ハマは、「とにかく声が凄い[7]」「年齢や性別を問わず、凄く入ってくる声。日本人のDNAに入っているような、安心する歌声みたいな[169]」「麗奈の声を聞くと、なんだか懐かしいような、そんな気持ちになる。日本人のDNA配列に、元からあるんじゃなかろうか。その声は才能[8]」「歌い出しもいい[169]」「こういう人のこんな音楽が気付けば聴いてない[169]」「久しぶりに出会えた感があるアーティスト[7]」「ありそうでこの頃無かったので、久しぶりにそういう人に出会えて嬉しかった[169]」「聴きたかったシンガー・ソングライター[11][44]」「2021年に耳にする麗奈の声は、懐かしさと新しさが同居する[11][44]」「人間性としての纏っている雰囲気というか、ある種一つの才能。見ていて、こっちも柔らかくなっちゃう[169]」と絶賛している。

THE FIRST TAKE STAGEで歌った曲「ワンルーム」について麗奈は、女性の主人公は、恋人が他の人に気持ちが移ったのを知りながら会いに行き、隠したふりをして強がりつつも、彼のことが好きなのでずっと待っていると解説[176]

僕3部作の曲作り[編集]

「僕だけを」は、実体験を基に[9]当時付き合っていた彼の男目線で書いた歌詞で[168][166]、麗奈が高校2年生のときに作った曲[168]。自分の気持ちをストレートに歌うのが恥ずかしかったので、彼目線で書いた[9][168]。歌詞の僕が当時付き合っていた彼で、君は麗奈自身[9][168][166]。当時、恋愛についても、自分の人生や生活についても凄く悩んでおり[9][168]、何をするにしてもかなりネガティブな気持ちになっていた[9]。ちょっとしたことで感情が大きく揺れてしまったり、好きな相手に対して嫉妬してしまい[168]、彼と会うたびに自分のネガティブな気持ちをぶつけてしまったり態度に出してしまって、そんな自分が凄く嫌だった[9]。ネガティブな気持ちを伝えてしまえば、相手はただ疲れるだけだろうと考え、人と距離を置いたほうがいいのかもとまで思ってしまった[168]。彼から離れようとするが、「強くならなくていいから、僕だけを見ていて」と彼は伝えきた[166]。自分の中の後ろ向きで嫌な感情に対して、「そんなふうに思わないでいいよ」と言ってもらいたかったし、自分自身も言いたかったし、強くならなきゃいけないな、強くなりたいなっていう気持ちになった[168]。彼の優しさに甘え自分が駄目になっている気がした麗奈は、1人になっても強く生きなきゃと考えた[166]。このままだと彼のためにならない、離れた方が彼のためになるんじゃないかと思ってしまう自分の気持ちと、そんな風に思わないで、自分と一緒に居て欲しいと言ってくれる彼を歌にして[9]、僕への依存を辞めて1人でも強く生きようとする君と、君のことが好きな僕を描き、離れていこうとする君に、「変わらなくてもいいから僕だけを見て」という素直な気持ちを伝えるイメージで書いた[108]。歌詞は、ちょうど自身がそういう気持ちだったということもあって、スラスラと書けた[12]。それまでも実体験をもとにして書いていたため、その時にしか書けない歌詞だったが、気持ちの真っ最中にいるときに、その想いを歌詞に書くことが無く、「僕だけを」は只中の想いをちゃんと書けた、初めての歌詞[168]。自分の気持ちに素直な歌詞、正直な気持ちの歌詞を書いていきたいという、初心に戻してくれる歌になった[168]。メロディは、この歌詞にどんなメロディーが合うか考えていたとき[177]、パッと思い浮かんだメロディ[12]。セミファイナルでも、グランプリとして公開された動画でも歌ったが[9]、ライブや学校のイベントでもよく歌っていた曲で、周りの皆から「特にサビの部分が好き」と言って貰えていたため、この曲を選んだ[9]。「月日が経ってから歌うと、当時の気持ちが甦り悲しい気持ちにもなるが、あのときにあった悲しかったことも楽しかったこともリアルに思い出せるくらい、自分の気持ちがこもった歌だったんだなと思う[168]」「同じような境遇の人や、言葉で上手く気持ちを伝えられない人にも聴いて欲しい[108]」と麗奈は語っている。

「僕らの明日」は、ある時期の麗奈の素直な気持ちを書いた歌詞で[114]、高校卒業後、専門学校に進学する前に出来た曲[81][43]。新しい環境に飛び込む不安を抱え続ける中で、これから音楽活動をどうしようか、自分はこの先どうなるんだろう、どうしたいのだろうと色々悩んでいた麗奈は、1人で思い詰めてしまい誰にも言えなかった[81][43]。毎日悩み辛い気持ちになっていると、今日という1日が終わっても、いっそ明日など来なければいいのにという、辛い思いに毎日のようになり[81][2][43]億劫だと思うようになる[45]。そんなとき、高橋優の曲を聴き、自分と同じような思いで高橋も曲を書いたのかもしれないと思えて[81]、曲に共感できたことで気持ちが楽になり元気になれたことで、そんな思いを書いて曲にしたいと思えた[81]。いっそ死んでしまいたいくらい嫌だと思っているはずなのに[114]、それでも今持っている自分の夢のことをいっぱい考えたり、明日どうやって生きようと考えたりと、一生懸命頑張って生きようとしており[114][2][45]、そういう気持ちがあるからこそ、明日も頑張って生きることが出来るんだと気付くことが出来た[2][45]。そんな自分と同じような気持ちを感じたことがある人達や[114]、同じような思いを抱えている人たちに、いつかこの曲を聴いてほしくて、届けという願いを込めて作った[81][43]。自分にとっても聴いてくれる人にとっても、元気になれるような曲にしたかった[81]。いつものようにアコースティックギターを弾きながら、曲と歌詞が同時に出てきた[81]。書くことで気持ちが楽になる部分もあったが、誰にも気持ちを言えない分、この曲を聴いてくれた誰か、自分と同じような気持ちを持っている人が、そうだ、同じだ、と共感してくれ、一緒に頑張れる曲になったらいいと思いながら書いていた[81]Aメロの部分は、その時点の己の気持ちをそのまま書いたため、すぐに出来たが、歌詞の最後の部分は、どうすれば聴いてくれる人が一緒に頑張ろうと思ってもらえる歌詞にできるのかと、己のその思いを言葉にするのが凄く難しかった[81]。自分の思いが伝わるように、希望を持って貰える歌になるように、時間をかけて歌詞を書いた[81]。僕らの、私たちの明日を一緒に作ろう、自分たちの力で明日を掴もう[114]、頑張って明日も生きようと伝えたいと思い作った[45]。それゆえに「僕ら」の明日[81]。学生のみならず、コロナ禍で我慢を強いられて生活する世の中すべての人々にも、明日に希望を持ち、強く生きていこうというメッセージ、願いも込められている[114]。THE FIRST TAKE STAGEの一次選考では、麗奈が通っていた専門学校の生徒である友人に手伝ってもらい、この曲を歌っている動画を撮影し応募した[2]

「ぼく」は、己のなりたい自分になれず挫けそうになっている時、このままじゃ駄目だと気付き、己を奮い立たせ、一歩ずつでも少しずつ前へ進もうという気持ちを書いた曲で[120]、歌を書いた当時の麗奈の思いが投影されている[43]。主人公は、己に自信が持てず、ネガティブな思いばかりを抱えており、そんな自分のことが好きになれずに、もがいているが、こんな自分じゃ駄目だという思いが己に在ることに気付き、一歩ずつでもいいから前に進もうと視線を上げている曲[43]

エピソード[編集]

アコースティック・ギターは、長渕が所有しており、世界に5本しかない長渕モデルの黒いギブソン製ギター[17]、長渕が使用しているのを知り、お小遣いやお年玉、路上ライブで貰った投げ銭を貯め、2015年(平成27年)~2016年(平成28年)頃に購入した、黒いタカミネ製ギター[7][注釈 7]、2022年(令和4年)に購入した、ギターショップShellyシェリーヤイリギター[178][179]を所持。

中学3年生だった14歳には、『SCHOOL OF LOCK!』の「長渕LOCKS!」2015年(平成27年)5月3日放送回に電話出演[28]。長渕に憧れる心境を歌にしたオリジナル曲を電話越しに披露し、長渕から歌声の良さとスリーフィンガー奏法の上手さを褒められ、長渕の要望に応え電話越しに「順子」を歌った際は、途中からは長渕も一緒に歌った[28]。2015年(平成27年)7月19日には、『SCHOOL OF LOCK!』でも放送される10代限定の音楽フェス「未確認フェスティバル2015」において、3254組の中から33組だけが出場出来る第3次LIVE審査で、大阪市の「Music Club JANUS」で行われたLIVEステージ大阪会場に出場し[29][30]とーやま校長がステージへ呼び込もうと名前を紹介する直前に、スタッフのミスで「ポカ~ン」という効果音ボイスが流れてしまうというハプニングもありつつ[180]、長渕の曲を2曲披露[31]。2022年(令和4年)2月1日に、正式なゲストとして『SCHOOL OF LOCK!』に出演した際には、リスナー生徒と電話で話をしたり、アコースティック・ギターを生演奏しながら、オリジナル曲や生徒からのリクエストによるカバー曲を熱唱[1]

東京都で行われた女性出演者ライブイベント「L.A.B」では、麗奈が何度もグランプリ等を獲得しているが[54][55][56][57]、同イベントではYOASOBIのikuraこと幾田りらも別の回で準グランプリを獲得したことがあり[181]、2022年(令和4年)3月8日放送の『YOASOBIのオールナイトニッポンX』では幾田りらが、THE FIRST TAKE STAGEグランプリ受賞後の麗奈とソニー・ミュージックの会社で対面したことや、同い年で17歳くらいから同じライブイベントに出演していたりと近いところにいたため、麗奈がグランプリを獲得したとき凄く嬉しかったことを明かしている[182][183]

高校2年生だった17歳のときには、ライブツアーで地元アーティストによるオープニングアクト企画を行っていたスガシカオから、2018年2月16日に鹿児島市の「キャパルボホール」で行われた「スガシカオ Hitori Sugar Tour 2018」鹿児島公演のオープニングアクトに、300以上のアーティストから各地1人ずつ選んだオープニングアクトの1人として指名され[60][61]、THE FIRST TAKE STAGEグランプリ受賞の翌日には、Twitterでスガシカオから祝福のメッセージが送られた[184]

麗奈には、色々なことから逃げたいという気持ちが強くて、不安だらけになっていた時期があった[81]。一緒のステージで歌う機会があった際に、麗奈の曲を褒めてくれた鹿児島で音楽活動をしているアーティストに、これから音楽活動をする上での色々な話をした中で、「辛いときは逃げてもいい」と言われる[81]。その言葉が、麗奈の気持ちを凄く楽にして、無理をし過ぎず、気持ちを張り詰めすぎず、1人で抱え込み過ぎず、辛いときは休憩しながら生きていくことができるようになった[81]

鹿児島市の桜島で行われるフェス「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL」において、鹿児島キャリアデザイン専門学校の生徒が、スタッフなどの裏方としてボランティアで毎回手伝っていることから、KKB鹿児島放送の「Kingspe」で放送されている同フェスのコーナー「HESTV」の収録も兼ね、SOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビ[注釈 8]雨のパレードの福永浩平[注釈 9]が、お礼を伝えるため来校[185]。同校は同フェスの音響まわりを100人近くの生徒が行っており、当時の麗奈は音響スタッフとして手伝い[148][149][186]、ステージ裏での手伝いや、会場を作る手伝いを行っていたため[187]、同校のライブホール「FRONTIER」のステージ上で、生徒へのお礼の言葉をタブと福永が伝えているとき、麗奈は最前列で座って聞いていた[185]。2022年(令和4年)1月8日には、エフエム鹿児島の番組『SOIL&"PIMP"SESSIONSタブゾンビと浜崎美保のSeaSideZombie』に麗奈がゲスト出演[188]。「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2022」では、総数100組の出演者の1人として出演が決定[148][149]

自主制作アニメを公開している川上リョウからは、2021年(令和3年)に公開された自主制作アニメの主題歌に、麗奈の曲「言葉の意味」が使用され[189]、劇中では麗奈が作曲したメロディも使用[190]。同年には、歌う麗奈の姿をイラストにしたり[191]、「僕だけを」をアニメにしたLyric Videoリリックビデオも公開し[192][193]、THE FIRST TAKEのTwitterからも紹介された[194]

2021年(令和3年)9月10日には、遥河、えみほの、爽、水谷怜、成田あより、かんたろうの5人による音楽ユニットぷらそにかが、「僕だけを」をカバー[195][196]。ぷらそにかをYouTubeチャンネルで見たり聴いたりしていた麗奈は、光栄と語っている[197]

2022年(令和4年)には、「終わらない詩 feat.麗奈」の楽曲を制作する現場で初対面したCHEMISTRYに、CHEMISTRYのファンである母から頼まれサインを欲し[3][117][118]、川畑要の父が鹿児島県出身で[117]、なおかつ麗奈の母と同い年であるCHEMISTRYからは[34]、快くCDへのサインに応じてもらっている[3][117][118]

地元である鹿児島県の放送局には、学生時代から出演する機会があり、中でもMBC南日本放送の番組には数多く出演。MBC本社1階のBスタジオに観覧者を入れ、公開生放送を行っていたラジオ番組『スマイリー園田のLive Alive』には、11歳だった2012年(平成24年)9月9日から、17歳だった2018年(平成30年)12月16日まで、多い時には年に2回のペースで毎年出演し熱唱[198][199][200][201][202][203][204]。番組公式Youtubeチャンネルで公開している毎月のアーティストの中で、2週間の集計期間内に閲覧回数が一番多かった曲としても何度も選ばれ、翌々月の番組エンディングや、MBCラジオの5分番組『Live Alive POWER PUSH!!』でも放送音源が放送された[205][206]。番組終了の1週間半前には、MBC公式Twitterでの番組を振り返る投稿において、11歳だったときの出演動画が取り上げられた[207]。高校生コンピレーション・アルバム『Unknown』に曲が収録されていることから、2018年(平成30年)3月25日には『岩﨑弘志のてゲてゲハイスクール』に出演[208][209][210]。後に、THE FIRST TAKE STAGEグランプリ受賞は岩﨑も知るところとなり[211]、2022年(令和4年)2月13日にも出演[212]。2018年(平成30年)8月25日(土)、SBSラジオで放送された『第2回 ラジオナイトサミット』にMBCラジオのアナウンサーを代表して出演した岩﨑弘志は、MBC南日本放送のイチオシとして、麗奈の曲「片思い」と共に麗奈を紹介[17]。2022年(令和4年)3月21日には、MBC南日本放送が開催する高校生によるイベント「川商ハウスpresentsてゲてゲハイスクールフェスティバル2022」に、ライブゲストとして出演[213][214]。この模様は、MBC南日本放送のウェブサイトやアプリで映像が無料配信され、ウェブサイトでは期間限定で映像がアーカイブ配信[121]。2022年(令和4年)3月23日には、プライムタイムの午後7時にMBCテレビで放送されている『TEGE2』でも、イベントの模様が放送された[126]。MBCラジオには他に、2018年(平成30年)9月7日の『ミュージック・エクスプレス』、2021年(令和3年)11月4日と2022年(令和4年)2月14日の『城山スズメ[215][216]、2022年(令和4年)3月13日の『東郷さくら~音楽は想い出の目次』にゲスト出演[217]。僕3部作は、MBCラジオでそれぞれ1カ月間、パワープレイされた。

エフエム鹿児島には、スガシカオのライブでオープニングアクトを務めたことから、17歳だった2018年(平成30年)2月23日の『あさCafe』への生出演で、ラジオブースでは初となるラジオ出演を果たし[218]、後に2021年(令和3年)11月4日にも同番組にゲスト出演[219]。同じく17歳だった2018年(平成30年)4月14日には、OBCラジオ大阪『「Takuya NagabuchiのI'm a SUPER STAR』にゲスト出演している。

KTS鹿児島テレビのテレビ番組では、2022年(令和4年)3月25日放送の『見っどナイト』で、MCのアナウンサーである小鍜治宏将と共に、麗奈のルーツとなる鹿児島市の思い出の地を巡る1日密着ロケを放送[127][220]。テンパークこと中央公園、天文館、慈眼寺公園に加え、母校の鹿児島キャリアデザイン専門学校も訪れ、レコーディングの授業を教わった講師との場面では、音痴になったりピッチが悪くなったりする部分が無く、録ったらそのままでいいと評価されていたことや、授業として録音した麗奈の歌を残してあることを明かされたほか、自身の曲「ぼく」についても語った[127][220][221][222]。麗奈がメジャーデビューを発表した際には小鍜治から祝福された[223]

実家で飼っていた愛犬「そら」を題材にした歌も制作している[23]。現在は、里親を探していた2匹の子猫を引き取り、尻尾が無い猫を「ある」、毛がモフモフしている猫を「モフ子」と名付け、共に暮らしている[168][224][225]。冬には、猫のためを思い2人用くらいの小さな炬燵を購入[166]

作品[編集]

デジタルシングル[編集]

発売日 タイトル 備考
月日
THE FIRST TAKE MUSIC
1st 2021年 7月26日 僕だけを - From THE FIRST TAKE THE FIRST TAKEによるアレンジ。
2nd 11月15日 僕だけを
3rd 2022年 1月10日 僕らの明日
4th 3月21日 ぼく
SME Records
5th 2022年 7月27日 キミをアイス メジャーデビュー曲。

アルバム[編集]

14才の時から、オリジナル曲のギター弾き語り自主制作アルバムCDを自作販売。『16 years old』は、CD単体とミュージック・ビデオDVDも一緒での販売の2種類。これ以外に、「ふざけんな。」「俺のうた」「雨と手紙」が収録された、手書きのCDもライブ会場限定で販売された。

発売日 タイトル レーベル 収録曲
月日
1st 2016年 1月 REINA 自主制作
全6曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「楽しんだっていいじゃない」  
2.「片思い」  
3.「ずっと」  
4.「路上」  
5.「そら」  
6.「この思い」  
2nd 8月 一度人生 自主制作
全10曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「貴方に出会えて・・・」  
2.「七色の虹」  
3.「女の子」  
4.「夏模様」  
5.「複雑な言葉」  
6.「好きだった」  
7.「泣いたフリ」  
8.「側に」  
9.「宝物」  
10.「一度人生」  
3nd 2017年 2月 16 years old 自主制作
全9曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「まっすぐ!」  
2.「意味」  
3.「ガラス」  
4.「黒涙」  
5.「ほんとの話」  
6.「君と私」  
7.「夢の話」  
8.「たったひとりの君を」  
9.「16歳」  
DVD全3曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「路上」  
2.「片思い」  
3.「たった一人の君を」  
4th 7月 LIKE 自主制作
全5曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「笑って」  
2.「こい」  
3.「好きなのに」  
4.「あなたが教えてくれたもの」  
5.「約束の唄」  
5th 2018年 5月 青い風船 自主制作
全6曲
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ティーンエイジャー」  
2.「カラクリドケイ」  
3.「4月5日」  
4.「最低の涙」  
5.「あなたが嫌い」  
6.「青い風船」  
6th 2022年 7月 麗奈 ライブ限定

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲
月日
2017年 11月13日 Unknown[46][47][注釈 10] 2.片思い

参加作品[編集]

発売日 曲名 共演 収録作品
月日
2022年 2月16日 終わらない詩 (feat.麗奈) CHEMISTRY The Best & More 2001〜2022

ミュージック・ビデオ[編集]

公開日 曲名 制作・監督 備考
月日
2016年 12月29日 夏模様 佐藤祐紀 曲のアレンジは女性出演者ライブイベント「L.A.B」。
MV - YouTube
2017年 6月20日 好きなのに 佐藤祐紀 曲のアレンジは女性出演者ライブイベント「L.A.B」。
MV - YouTube
7月 路上 松本拓也 自主制作DVD『16 years old』収録。
MV - YouTube
片思い 松本拓也 自主制作DVD『16 years old』収録。
たった一人の君を 松本拓也 自主制作DVD『16 years old』収録。
2018 2月9日 まっすぐ! 松本拓也 MV - YouTube
2021 9月11日 僕だけを(※アニメ版) 川上リョウ 「THE FIRST TAKE STAGE」公認[194]
Lyric Video - YouTube
11月16日 僕だけを 梅津和音 MV - YouTube
2022 1月10日 僕らの明日 梅津和音 MV - YouTube
3月21日 ぼく 梅津和音 MV - YouTube
8月5日 キミをアイス ねる屋。 MV - YouTube

タイアップ曲[編集]

時期 曲名 タイアップ 備考
2018年 空と私 映画「バイバイ、グッピー」エンドクレジットソング[226] NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」脚本賞、音楽賞、教育推奨賞、受賞映画。
2018年 - 夏模様 あっぷハウジング CMソング 熊本県ローカルCM。2022年(令和4年)度のCMでも曲を引き続き使用[227]
2021年 僕だけを MBC南日本放送『MBCニューズナウ』2021年8月エンディングテーマ[228]
KTS鹿児島テレビ『見っどナイト』2021年8月エンディングテーマ[229][230]
2022年 僕らの明日 MBC南日本放送『MBCニューズナウ』2022年2月エンディングテーマ[231]
キミをアイス エフエム鹿児島『μ’s UP!』2022年8月エンディング曲[156]

出演[編集]

CM[編集]

企業・商品 備考
2018年 - 2019年 あっぷハウジング[232][233] 弾き語りバージョンとアレンジバージョンの2種類。
2020年 - 2021年 あっぷハウジング[234][235]
2021年 富士フイルム「instax mini 40 × THE FIRST TAKE STAGE スペシャルムービー」[100][101][102] Web動画

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ めざましテレビではその後も、メジャーデビュー後まで事あるごとに番組で麗奈を取り上げ続けている。
  2. ^ 好きな曲が、拓郎の「リンゴ[8]
  3. ^ 人生で2番目に買ったアルバムCDが『×と○と罪と[166]
  4. ^ 好きな曲が、竹原の「東京一年生」[17]
  5. ^ 家族の影響で中学生の頃から聴くようになった[111]
  6. ^ 好きな曲が「夢花火」で、ボカロ曲をカバーしていた頃から好き[111]
  7. ^ ギターのボディには鎖と白い髑髏のマークが描かれており、「THE FIRST TAKE STAGE」でも使用。
  8. ^ 「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL」の発起人かつ実行委員。
  9. ^ 福永の母校[185]
  10. ^ 鹿児島県の高校生による自主制作コンピレーションアルバム。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e "麗奈先生初来校!生徒のリクエストに生演奏!!". SCHOOL OF LOCK!. 1 February 2022. エフエム東京. 2022年8月6日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 麗奈 THE FIRST TAKEオーディションでグランプリ「まさか自分が」」『TOKYO FM+』、2022年2月2日。2022年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 20周年ケミストリー20歳麗奈とコラボ「世代を超えて口ずさめる楽曲」」『日刊スポーツ』、2022年1月25日。2022年8月6日閲覧。
  4. ^ THE FIRST TAKE STAGE”. 2021年7月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 「等身大の自分を歌に シンガーソングライター麗奈さん(鹿児島市出身)に聞く」『南日本新聞』、2022年1月22日、15面。
  6. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年9月22日). "マジレンジャーの、ピンクのスティック持ってたの思い出した、大好きだったな..." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 松浦靖恵 (2021年7月9日). “麗奈、初のインタビュー。『THE FIRST TAKE』直前のリハーサル現場に密着”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g フォークに心酔の麗奈 吉田拓郎級 国民的スターの素質」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年6月30日。2021年7月9日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 高嶋直子 (2021年7月9日). “一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」第1回グランプリ、麗奈の素顔とは”. Billboard JAPAN. 2021年7月9日閲覧。
  10. ^ a b 麗奈  (2010年9月11日). とんぼ(長渕剛) - 麗奈 [Cover (9 years old)] (インターネット番組). https://www.youtube.com/watch?v=b5CKXZr2xiQ 2022年8月6日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i 一発撮りオーディション 20歳麗奈がグランプリ 配信デビュー決定 昭和フォークから影響受ける」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年7月10日。2022年8月6日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 『THE FIRST TAKE STAGE』出身のシンガーソングライター 麗奈、King Gnuを愛聴「イントロと井口理さんの声に惹きつけられる」」『THE FIRST TIMES』、2021年12月2日。2022年8月6日閲覧。
  13. ^ 麗奈  (2011年9月17日). I remember you(YUI) - 麗奈 [Cover (10 years old)【初ライブ】] (インターネット番組). https://www.youtube.com/watch?v=Teu4Cbsn1zI 2022年8月6日閲覧。 
  14. ^ 麗奈  (2011年9月17日). とんぼ(長渕剛) - 麗奈 [Cover (10 years old)【初ライブ】] (インターネット番組). https://www.youtube.com/watch?v=qgVsAKYvJdg 2022年8月6日閲覧。 
  15. ^ a b c 児玉裕子「13歳が弾き語り慰問 紫原中2の稲田さん、歌で高齢者励ます」『南日本新聞』、2014年5月8日、19面。
  16. ^ a b c 「ライブで高齢者元気に 鹿児島の中2・稲田麗奈さん」『朝日新聞』、2014年8月27日、鹿児島県全域版、33面。
  17. ^ a b c d e f g 【番組レポート】静岡に人気パーソナリティ集結! 白熱した議論を展開した『第2回 ラジオナイトサミット』【後編】」『radiko news』、2018年8月30日。2022年8月6日閲覧。
  18. ^ 麗奈 (2011年6月17日). “13才ギター弾き語り - ニコニコミュニティ”. ニコニコミュニティ. ドワンゴ. 2022年8月6日閲覧。
  19. ^ 「第6回ヤハマ・ミュージックレボリューション十字屋クロス大会グランプリに「Sou」」『南日本新聞』、2012年9月9日、15面。
  20. ^ 「グランプリに霧島市の一花 ミュージックレボリューション 鹿児島市・キャパルボホール」『南日本新聞』、2013年9月15日、10面。
  21. ^ 鹿児島ミュージックフェスタ 2013 タイムテーブル”. 鹿児島ミュージックフェスタ. 2014年7月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  22. ^ 鹿児島ミュージックフェスタ 2015 タイムテーブル”. 鹿児島ミュージックフェスタ. 2015年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  23. ^ a b 麗奈  (2014年8月24日). 麗奈 - そら (ミュージック・ビデオ). https://www.youtube.com/watch?v=jRMfl1ef8Mg 2022年8月6日閲覧。 
  24. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年11月22日). "いよいよ今日となりました!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  25. ^ 稲田麗奈 (@Reina02030923) さんのライブ - ツイキャス”. ツイキャス. 2022-08-06 author=麗奈閲覧。
  26. ^ 麗奈. “稲田麗奈 - LINE LIVE”. LINE LIVE. 2022年8月6日閲覧。
  27. ^ 『Stager Live』16才弾き語り 稲田麗奈「ずっとずっと笑って」 (インターネット番組). Stager Live. (2017年5月12日). https://www.youtube.com/watch?v=HqAj3H37U1o 2022年8月6日閲覧。 
  28. ^ a b c "長渕LOCKS!". SCHOOL OF LOCK!. 3 May 2015. エフエム東京. 2022年8月6日閲覧
  29. ^ a b c d 「THE FIRST TAKE」オーディション第1回グランプリの麗奈、『SOL!』初出演」『BARKS』、2022年1月31日。2022年8月6日閲覧。
  30. ^ a b "未確認フェスティバル2015 LIVEステージ出場者 決定SP!!1日目!!!". SCHOOL OF LOCK!. 15 June 2015. エフエム東京. 2022年8月6日閲覧
  31. ^ a b 5組目…「稲田麗奈」!!”. SCHOOL OF LOCK! 未確認フェスティバル スタッフブログ. エフエム東京 (2015年7月19日). 2022年8月6日閲覧。
  32. ^ 麗奈  (2015年11月4日). 長いのぼり坂 (長渕剛) - 麗奈 [Cover (14 years old)] (インターネット番組). https://www.youtube.com/watch?v=q3uG6gO9tlU 2022年8月6日閲覧。 
  33. ^ 稲田麗奈 First Solo Live”. COZY Cafe&Live – 鹿児島のベーグル専門店 (2015年11月6日). 2022年8月6日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g 松浦靖恵 (2022年2月16日). “CHEMISTRYと麗奈の“始まりは一緒”。あのときの決意、歌への想い。そして3人が繋がる「終わらない詩(うた)」”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  35. ^ 天草本校【トップアスリートコース】稲田麗奈さん”. 勇志国際高等学校 (2018年7月19日). 2022年8月6日閲覧。
  36. ^ 勇志国際高等学校 天草本校 [@yushiamakusa] (2021年6月9日). "卒業生、麗奈さんの活躍です!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  37. ^ 勇志国際高等学校 [@YushiKokusai_HS] (2021年6月10日). "【卒業生の活躍】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  38. ^ 勇志国際高校福岡学習センター [@yushi5931fuk] (2021年9月13日). "素敵な作品" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  39. ^ 勇志国際高等学校 天草本校 [@yushiamakusa] (2021年7月9日). "おめでとうございます!!!!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  40. ^ a b 森朋之 (2021年11月30日). “<コラム>『THE FIRST TAKE STAGE』グランプリ・麗奈の歌が描き出す、リスナーの情緒を喚起する心象風景”. Billboard JAPAN. 2022年8月6日閲覧。
  41. ^ 勇志国際高等学校-勇志祭- [@yushisai_2021] (2021年10月23日). "さて、昨日の情報解禁で【THE FIRST TAKE STAGE 第1回グランプリアーティスト】勇志卒業生『麗奈さん(@0172Reina)』の出演が決定しました!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  42. ^ 勇志国際高校文化祭「勇志祭」”. 勇志国際高等学校 (2021年11月5日). 2022年8月6日閲覧。
  43. ^ a b c d e f g h <コラム>麗奈が描いた“僕”三部作、10代で抱いた“なりたい自分”への後押し”. Billboard JAPAN (2022年3月28日). 2022年8月6日閲覧。
  44. ^ a b c d e f g h i j k 麗奈が「THE FIRST TAKE STAGE」初代グランプリに決定 亀田誠治&ハマ・オカモトも絶賛”. TV LIFE web. ワン・パブリッシング (2021年7月9日). 2022年8月6日閲覧。
  45. ^ a b c d e f g 『THE FIRST TAKE STAGE』出身の麗奈、TikTokフォロワー1日1000人増に喜び。未発表曲公開に期待!」『THE FIRST TIMES』、2021年12月23日。2022年8月6日閲覧。
  46. ^ a b 小倉壮平 (2017年11月1日). [Unknown]ダイジェスト【鹿児島高校生コンピレーションCD】 (CD). https://www.youtube.com/watch?v=3v0wieNL9zg 2022年8月6日閲覧。 
  47. ^ a b 東郷さくら [@Sakura_Togo8] (2017年10月29日). "先日のライブ、親子ほど歳の違う彼らに聴いて貰えて本当に嬉しかった。" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  48. ^ WALK INN HIGH SCHOOL vol.13”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  49. ^ WALK INN HIGH SCHOOL vol.14”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  50. ^ 稲田麗奈 BIRTHDAY LIVE〜16才弾き語り〜”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  51. ^ PLAY GROUND VOL.01”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  52. ^ 稲田麗奈 presents「気張いやんせ!」”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  53. ^ ACO JET vol.5”. 鹿児島SRファクトリー. 2022年8月6日閲覧。
  54. ^ a b ML.A.B. [@LAB_SSW] (2016年3月29日). "gee-ge.×SMA L.A.B vol.6" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  55. ^ a b ML.A.B. [@LAB_SSW] (2016年8月17日). "JC JK L.A.B vol.7" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  56. ^ a b ML.A.B. [@LAB_SSW] (2017年8月8日). "JC JK LIVE ARTISTS BATTLE vol.9" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  57. ^ a b ML.A.B. [@LAB_SSW] (2018年8月30日). "TEENS L.A.B." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  58. ^ 夏模様 - 稲田麗奈 (ミュージック・ビデオ). L.A.B - Live Artists Battle -. (2016年12月29日). https://www.youtube.com/watch?v=hZpZCurN2Kc 2022年8月6日閲覧。 
  59. ^ 好きなのに - 稲田麗奈 (ミュージック・ビデオ). L.A.B - Live Artists Battle -. (2017年6月20日). https://www.youtube.com/watch?v=atbyUOV5Sks 2022年8月6日閲覧。 
  60. ^ a b オープニングアクト アーティスト決定!!!”. スガ シカオ オフィシャルブログ コノユビトマレ Powered by Ameba (2018年1月3日). 2022年8月6日閲覧。
  61. ^ a b srfactory [@srfactory] (2018年1月25日). "【チケット発売中!!】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  62. ^ 麗奈  (2018年12月9日). 弾き語り 稲田麗奈 生配信★ライブ告知 (インターネット番組). 該当時間: 55s. https://www.youtube.com/watch?v=sF2AquXLDOs 2022年8月6日閲覧。 
  63. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年6月1日). "四谷天窓" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  64. ^ 萩原美咲 [@miiiko927] (2018年12月24日). "美咲の母です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  65. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年7月12日). "沢山辛い事あったし、苦しくて音楽を休んでしまったこともあります" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  66. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年2月1日). "3月で卒業ですが、ずっと憧れてきた舞台の裏方さんの勉強できてほんとに良かったです" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  67. ^ a b 『THE FIRST TAKE STAGE』第1回グランプリアーティスト・麗奈、『SCHOOL OF LOCK!』に出演決定」『THE FIRST TIMES』、2022年1月31日。2022年8月6日閲覧。
  68. ^ 鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科 [@TV_career_des] (2020年7月16日). "お待たせいたしました!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  69. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2019年7月12日). "Twitter新たに初めまして" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  70. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2019年11月25日). "TwitterCM撮影終わりました!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  71. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年6月7日). "学校のクラスの皆で力を合わせて企画したライブです" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  72. ^ 鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科 [@TV_career_des] (2020年7月23日). "vol.1出演アーティストより!麗奈" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  73. ^ 鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科 [@TV_career_des] (2020年8月14日). "vol.1 出演アーティストインタビュー『麗奈』" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  74. ^ STAYGE vol.1 (インターネット番組). 鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科. (2020年7月25日). 該当時間: 40m25s. https://www.youtube.com/watch?v=bSeryDDgA2M 2022年8月6日閲覧。 
  75. ^ 麗奈. “麗奈 -Eggs”. Eggs. 2022年8月6日閲覧。
  76. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年8月2日). "「僕らの明日 / 麗奈」Eggs に載せてみました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  77. ^ 鹿児島キャリアデザイン専門学校TV映像音響科 [@TV_career_des] (2020年8月2日). "STAYGEvol.1出演アーティスト麗奈さんの音源がEggsで聴けるようになりました!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  78. ^ Eggs公式 [@Eggs_music] (2020年8月11日). "#Eggsランキング急上昇アーティスト -8/11" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  79. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年8月12日). "アーティストランキング17位嬉しいです" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  80. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年8月19日). "「トレードマーク / 麗奈」をEggsで聴こう" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  81. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 松浦靖恵 (2022年1月12日). “麗奈の新作「僕らの明日」。将来への不安を希望に変える言葉の力と共感を生むまっすぐな歌の力”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  82. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年2月3日). "去年の今頃バイトしてたのに、21歳の始まりはすごく幸せだ〜" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  83. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年3月4日). "卒業してしまった" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  84. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年10月9日). "FIRSTTAKEオーディションの、3次審査オーディションのとき、本番前にカラオケに行ってひたすら練習をしたのはここだけの話です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  85. ^ めざましテレビ [@cx_mezamashi] (2021年6月11日). "めざましテレビが応援・密着する一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  86. ^ めざましテレビ [@cx_mezamashi] (2021年6月30日). "めざましテレビが応援・密着する一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  87. ^ めざましテレビ [@cx_mezamashi] (2021年7月2日). "めざましテレビが応援・密着する一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  88. ^ めざましテレビ [@cx_mezamashi] (2021年7月11日). "めざましテレビが応援・密着する一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  89. ^ めざましテレビ [@cx_mezamashi] (2022年1月9日). "あすのめざましテレビ気になる人がいたらRT" (ツイート). Twitterより2022年1月9日閲覧
  90. ^ THE FIRST TAKE STAGE [@TFT_Stage] (2021年6月7日). "Interview#麗奈「終わってみてどうでしたか?」" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  91. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年6月6日). "ティックトックを始めました。" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  92. ^ THE FIRST TAKE MUSIC (2021年7月). “麗奈 / THE FIRST TAKE MUSIC (Podcast)”. Spotify. 2022年8月6日閲覧。
  93. ^ 「5000人参加一発撮りオーディション グランプリ 麗奈」『日刊スポーツ』、2021年7月10日。
  94. ^ スポニチ面担さん [@Sponichi_Editor] (2021年7月11日). "一発撮りオーディションプログラ「THE FIRST TAKE STAGE」のグランプリに#麗奈さんが輝きました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  95. ^ 一発撮りオーディション グランプリの歌手デビューは26日 6日間で再生100万回の話題曲」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年7月16日。2022年8月6日閲覧。
  96. ^ a b 「THE FIRST TAKE STAGE」グランプリの麗奈 「僕だけを」歌唱動画が100万回再生を突破」『中スポ』、2021年7月16日。2022年8月6日閲覧。
  97. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年7月26日). "iTunesのランキングに自分の曲がありました.....!!!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  98. ^ 富士フイルム (2021年7月27日). “「一発撮り」をコンセプトに「THE FIRST TAKE STAGE」とコラボレーション!!“チェキ”「instax mini 40」 スペシャルムービーを公開”. PR TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  99. ^ “チェキ”instax mini 40 × THE FIRST TAKE STAGE”. インスタントカメラ【instax<チェキ>】公式サイト. 富士フイルム (2021年7月27日). 2022年1月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  100. ^ a b c 麗奈が出演する、“チェキ”×『THE FIRST TAKE STAGE』コラボムービーが完成」『THE FIRST TIMES』、2021年7月27日。2022年8月6日閲覧。
  101. ^ a b Fujifilm instax【公式】 [@cheki_instax] (2021年7月27日). "THE FIRST TAKE STAGE」とコラボレーション!". Instagramより2022年8月6日閲覧
  102. ^ a b 麗奈 [@fujifilmjp_ck] (2021年7月27日). ""チェキ"「instax mini 40」と一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」がコラボしたスペシャルムービーを公開!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  103. ^ 「THE FIRST TAKE STAGE タクシー」が都内を走行!」『THE FIRST TIMES』、2021年8月6日。2022年8月6日閲覧。
  104. ^ 株式会社ニューステクノロジー (2021年8月6日). “モビリティメディア「GROWTH」、一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」とのコラボ企画が決定!オリジナル映像や秘蔵シーンを初公開”. PR TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  105. ^ MECRE-メクル- [@2021Mecre] (2021年8月6日). "【ロイヤリティユーザ-第5弾】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  106. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年8月16日). "昨日で締め切りましたが、沢山の応募、本当にありがとうございます" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  107. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年2月16日). "「僕だけを」のMVの場所、ほんとに綺麗だったな" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  108. ^ a b c d 『THE FIRST TAKE STAGE』第1回グランプリの麗奈、「僕だけを」MVを今夜21時にプレミア公開」『THE FIRST TIMES』、2021年11月16日。2022年8月6日閲覧。
  109. ^ 麗奈、THE FIRST TAKEで200万再生超の「僕だけを」を野村陽一郎プロデュースのもと配信」『Vocal Magazine Web』リットーミュージック、2021年10月29日。2022年8月6日閲覧。
  110. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年12月28日). "「僕だけを」20万回再生ありがとうございます" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  111. ^ a b c d e f g h i j k 麗奈、まふまふの好きな曲は「夢花火」。「切ない曲で引き込まれました」」『THE FIRST TIMES』、2021年12月9日。2022年8月6日閲覧。
  112. ^ ソニーミュージック [@SonyMusic_JPN] (2022年7月27日). "麗奈" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  113. ^ 『THE FIRST TAKE STAGE』第1回グランプリの麗奈、成人の日に希望の歌「僕らの明日」をリリース」『THE FIRST TIMES』、2021年12月17日。2022年8月6日閲覧。
  114. ^ a b c d e f g h 『THE FIRST TAKE STAGE』第1回グランプリアーティスト・麗奈、本日「僕らの明日」を配信リリース」『THE FIRST TIMES』、2022年1月10日。2022年8月6日閲覧。
  115. ^ 「THE FIRST TAKE」オーディショングランプリの麗奈、新曲MVプレミア公開」『ナタリー』、2022年1月10日。2022年8月6日閲覧。
  116. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年1月14日). "綺麗だったな..." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  117. ^ a b c d CHEMISTRY、20周年記念ベストで『THE FIRST TAKE』オーディション出身アーティスト・麗奈とコラボ」『THE FIRST TIMES』、2022年1月25日。2022年8月6日閲覧。
  118. ^ a b c CHEMISTRY、「THE FIRST TAKE」オーディション出身アーティスト・麗奈とコラボレーション」『SPICE』イープラス、2022年1月25日。2022年8月6日閲覧。
  119. ^ 「CHEMISTRY×20周年×麗奈」『日刊スポーツ』、2022年1月25日。
  120. ^ a b c 『THE FIRST TAKE』オーディション第1回グランプリアーティスト・麗奈、新曲「ぼく」MV公開」『THE FIRST TIMES』、2022年3月21日。2022年8月6日閲覧。
  121. ^ a b 麗奈、ニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX』にて新曲「ぼく」のラジオ初フルOAが決定”. THE FIRST TIMES (2022年1月12日). 2022年3月2日閲覧。
  122. ^ 麗奈、Digital Single「ぼく」配信リリース&MV公開」『BARKS』、2022年3月22日。2022年8月6日閲覧。
  123. ^ ウクライナ最新情勢”. NHKニュースおはよう日本. 日本放送協会 (2022年4月21日). 2022年8月6日閲覧。
  124. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月20日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  125. ^ 2022年3月22日”. 情報WAVEかごしま. NHK鹿児島放送局 (2022年3月22日). 2022年8月6日閲覧。
  126. ^ a b 3/23(水)はブーム到来!?ぎょうざ最前線&てゲハイフェス2022”. MBCテレビ『てゲてゲ』. MBC南日本放送 (2022年3月18日). 2022年8月6日閲覧。
  127. ^ a b c 見っどナイト [@kts_midnight] (2022年3月24日). "今週のゲストは、鹿児島出身のシンガーソングライター麗奈さん(@0172Reina)。" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  128. ^ バリはやッ!ZIP! 〈FBS福岡放送〉 [@barihaya] (2022年1月17日). "あす1月18日(火)バリはやッ!スポエンタ" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  129. ^ 大塚利樹|KKT熊本県民テレビ [@toto_otk] (2022年3月30日). "【きょうの#てれビタ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  130. ^ MUSIClock with THE FIRST TIMES [@MUSIClock897] (2022年7月31日). "12/2(木)8:15頃〜" (ツイート). Twitterより2021年12月1日閲覧
  131. ^ Seasoning [@jfn_seasoning] (2022年3月22日). "【Seasoning】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  132. ^ オテンキのり [@otenkinori] (2022年1月13日). "今日もレコメン!お聴き下さってありがとうございました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  133. ^ Tresen(FMヨコハマ) [@tresen_Fyoko] (2022年1月12日). "ブログ「今日のゲスト「麗奈」さん" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  134. ^ GOGO RADIO COMPANY (#ゴゴラジ) [@gogo_northwave] (2022年3月22日). "12:00からは「GOGO RADIO」" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  135. ^ タイムちゃん [@fmfuji_timechan] (2022年3月29日). "今週の#タイムちゃんは…" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  136. ^ YBSラジオ「Bloomin’」(ブルーミン) [@Bloomin_ybs] (2022年3月26日). "【 #ハナシの種 】コーナーは" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  137. ^ FRIDAY フルスロットル!!! [@tamakiotsu] (2022年3月24日). "【ゲスト】麗奈(れいな)さんがリモート出演!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  138. ^ オトナビゲーションZ [@rkbotonavi] (2022年1月6日). "【ゲスト】#麗奈さん(@0172Reina)" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  139. ^ FM福岡 ハイパーナイトプログラムガウ [@fmfukuokagow] (2022年1月6日). "【ゲストコーナー】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  140. ^ コウズマユウタ [@SASHI_MISHMA] (2022年1月21日). "MISHMASH FRIDAY #金ズマ" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  141. ^ music×serendipity [@761musics] (2022年1月6日). "ゲストは#麗奈@0172Reinaさんでした" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  142. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年12月8日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  143. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年1月12日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  144. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年3月24日). "【#麗奈のお知らせ 1/2】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  145. ^ 真貝聡 (2022年7月5日). “衝動を音楽にしたanewhite、フロアを揺らすOdAkEi、一体感を生むTENDOUJI、透明感ある麗奈が会した一夜”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  146. ^ THE FIRST TIMES_NEWS [@The_FirstTimesN] (2022年7月5日). "\ REPORT /" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  147. ^ THE FIRST TIMES_NEWS [@The_FirstTimesN] (2022年7月4日). "麗奈、monogatary.comとのコラボ曲「キミをアイス」の配信リリースが決定!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  148. ^ a b c d 麗奈、monogatary.comとのコラボ曲「キミをアイス」の配信リリースが決定」『THE FIRST TIMES』、2022年7月4日。2022年8月6日閲覧。
  149. ^ a b c d e f 麗奈、九州・沖縄にある“道の駅”全20ヵ所にてフリーライブツアー開催決定&会場限定CDも発売決定」『THE FIRST TIMES』、2022年7月15日。2022年8月6日閲覧。
  150. ^ 麗奈、メジャー1stシングル「キミをアイス」配信開始&スペシャル・ショート・ムービー公開」『CDJournal.com』シーディージャーナル、2022年7月27日。2022年8月6日閲覧。
  151. ^ 麗奈、新曲「キミをアイス」を配信リリース&スペシャルショートムービー公開! TikTok LIVEも決定」『THE FIRST TIMES』、2022年7月27日。2022年8月6日閲覧。
  152. ^ 麗奈コラボコンテストの大賞作『彼女のアイス、勝手に食べた』楽曲化記念! 著者・椎名みそさんインタビュー”. monogatary.com (2022年7月27日). 2022年8月6日閲覧。
  153. ^ ソニー・ミュージックエンタテインメント (2022年4月20日). “一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」にてグランプリに輝いた「麗奈」とのコラボコンテストを開催!大賞作品は楽曲化!”. PR TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  154. ^ 椎名みそ (2022年5月22日). “彼女のアイス、勝手に食べた”. monogatary.com. 2022年8月6日閲覧。
  155. ^ 麗奈、淡い恋心を描いたメジャー1stシングル「キミをアイス」のMV公開」『THE FIRST TIMES』、2022年8月5日。2022年8月6日閲覧。
  156. ^ a b 麗奈 [@0172Reina] (2022年8月1日). "【#麗奈のお知らせ 2/2】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  157. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年8月1日). "【#麗奈のお知らせ 1/2】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  158. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年8月2日). "麗奈「キミをアイス」Apple Music" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  159. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年8月2日). "麗奈「キミをアイスSpotify" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  160. ^ a b c 一発撮りオーディション グランプリは麗奈 昭和フォーク好きの次世代シンガー」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年7月9日。2021年7月9日閲覧。
  161. ^ a b c d e 麗奈 憧れは長渕剛「女性歌手史上最高のフォーク」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年6月7日。2022年8月6日閲覧。
  162. ^ a b c 麗奈、Aimerの「蝶々結び」に鳥肌!「高いキーを歌ってるはずなのに、それを感じさせない包み込むような歌声」」『THE FIRST TIMES』、2021年12月30日。2022年8月6日閲覧。
  163. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年4月26日). "かけた" (ツイート). Twitterより2020年5月29日閲覧
  164. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年9月5日). "上手くかけた" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  165. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年9月11日). "ハガキサイズの爆豪さん描けたけど、色を塗れば台無しになる気がする" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  166. ^ a b c d e f g h シンガーソングライター 麗奈、「MIC Drop」を聴いてBTSにどハマリ。「アイドル像を遥かに超える」」『THE FIRST TIMES』、2021年12月16日。2022年8月6日閲覧。
  167. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年8月14日). "わいわいさんの生放送を真剣に見てるぬこです" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  168. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 松浦靖恵 (2021年7月26日). “麗奈「僕だけを」リリース。『THE FIRST TAKE』から生まれた未来ある歌声”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  169. ^ a b c d e f g h i j k l BACKSTAGE vol.4 / セミファイナリスト14組、出揃う。 (インターネット番組). THE FIRST TAKE. (2021年6月19日). 該当時間: 9m32s. https://www.youtube.com/watch?v=DbAtUWY7eH4 2022年8月6日閲覧。 
  170. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月5日). "ずっとライブに行きたかったハナレグミさんのライブを聴きに行きました....!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  171. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月16日). "当選したー!!!!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  172. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月16日). "藤井風さん!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  173. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年11月20日). "そういえば、中島美嘉さんかっこよすぎて、夢に出てきて最高のひと時だった" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  174. ^ BACKSTAGE vol.6 / 最終章。一発撮りで、一生を変えるのは? (インターネット番組). THE FIRST TAKE. (2021年7月3日). 該当時間: 1m03s. https://www.youtube.com/watch?v=cch42AgflcA 2022年8月6日閲覧。 
  175. ^ 松浦靖恵 (2021年7月9日). “グランプリ誕生の瞬間。『THE FIRST TAKE STAGE』から羽ばたくのは、麗奈”. THE FIRST TIMES. 2022年8月6日閲覧。
  176. ^ ファイナリスト4組 / THE FIRST TAKE STAGE (インターネット番組). THE FIRST TAKE. (2021年7月9日). 該当時間: 14m13s. https://www.youtube.com/watch?v=PRa2kxsemjE 2022年8月6日閲覧。 
  177. ^ セミファイナリスト14組 / THE FIRST TAKE STAGE (インターネット番組). THE FIRST TAKE. (2021年6月26日). 該当時間: 18m52s. https://www.youtube.com/watch?v=1dZZXXf0kFM 2022年8月6日閲覧。 
  178. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月1日). "新しく仲間になったあたいの相棒です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  179. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月1日). "とにかくかっくいいいいいんです" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  180. ^ "『とーやま× TOSHI-LOW 5年越しの約束!ぶらり道草ふたり旅 in 東北 2022 ~Road to "たこ八"~』!". SCHOOL OF LOCK! 教育委員会. 4 February 2022. エフエム東京. 2022年8月6日閲覧
  181. ^ ML.A.B. [@LAB_SSW] (2017年4月4日). "JC JK L.A.B vol.8@渋谷gee-ge" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  182. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年3月9日). "布団に潜りながらどきどきしてました。私のことを覚えててくれた事嬉しかったです!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  183. ^ YOASOBI [@YOASOBI_staff] (2022年3月9日). "#YOASOBIANNX お聴きいただいたのは麗奈さん(@0172Reina)の新曲「ぼく」でした!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  184. ^ スガシカオ [@shikaosuga] (2021年7月10日). "まだ高校生だった頃、鹿児島のライブハウスで素晴らしいオープニングアクトをしてくれた#麗奈" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  185. ^ a b c 「HESTV」 ~関係者へあいさつ回り!!(その4)~ キンスペ放送 (テレビ番組). KKB鹿児島放送. (2019年12月19日). https://www.youtube.com/watch?v=3P8V-eB7T2k 2022年8月6日閲覧。 
  186. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年6月4日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  187. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年6月4日). "まさか、歌えるなんてほんとに思ってなかった..." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  188. ^ SEA SIDE ZOMBIE [@Sea_Side_Zombie] (2022年1月1日). "1月8日(土)18時からのSEA SIDE ZOMBIEは、鹿児島出身のシンガーソングライター麗奈さん(@0172Reina)をお迎えしての放送です!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  189. ^ 川上リョウ [@ryowelcome1] (2021年5月3日). "アニメ「僕の命をあげる。」#1" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  190. ^ 川上リョウ [@ryowelcome1] (2021年7月3日). "アニメ「僕の命をあげる。」#2" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  191. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年6月6日). "なんと、川上リョウさん(@ryowelcome1)が私の歌っている姿をイラストにしてくれました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  192. ^ 川上リョウ [@ryowelcome1] (2021年8月8日). "イラスト「はなれても、元気でね。」" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  193. ^ 川上リョウ [@ryowelcome1] (2021年9月11日). "アニメ「僕だけを」Lyric Video" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  194. ^ a b THE FIRST TAKE STAGE [@TFT_Stage] (2021年9月12日). "THE FIRST TAKE STAGE 第一回グランプリ" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  195. ^ ぷらそにか“一発撮りグランプリ”のデビュー曲をカバー」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2021年9月10日。2022年8月6日閲覧。
  196. ^ ぷらそにか [@plusonica] (2021年9月10日). "僕だけを / 麗奈 (cover)" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  197. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年9月10日). "ぷらそにかさん方々が、カバーしてくださいました...本当に光栄です..." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  198. ^ エントリーライブ1 稲田 麗奈”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2012年9月9日). 2012年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  199. ^ 3/2は、稲田麗奈と若松沙奈枝”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2014年2月24日). 2014年9月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  200. ^ N-1スペシャル!!”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2014年8月17日). 2018年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  201. ^ 6月のパワープッシュを決めるカウント終了”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2015年5月3日). 2016年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  202. ^ 6月5日 すももとこむぎ / 稲田麗奈”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2016年6月5日). 2016年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  203. ^ 4/22 山本 聡&稲田 麗奈 アコギ祭り!”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2018年4月28日). 2019年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  204. ^ 12/16 かわべれん & 稲田麗奈”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2018年12月30日). 2019年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  205. ^ 8月のパワープッシュ決定!!”. スマイリー園田のライブ・アライブ. 南日本放送 (2016年8月7日). 2016年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  206. ^ MBC南日本放送 [@MBC_kagoshima] (2017年6月26日). "決定!7月POWER PUSH!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  207. ^ MBC南日本放送 [@MBC_kagoshima] (2019年3月19日). "3月19日は『#ミュージックの日』…と言えば" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  208. ^ 岩﨑弘志のてゲてゲハイスクール→ハウス【公式】 [@mbc_tegeh] (2018年3月26日). "3/25のてゲハイは、勇志国際高校のれいなたんこと稲田麗奈さんとジクさんでお届けしました". Instagramより2022年8月6日閲覧
  209. ^ 【公式】岩﨑弘志のてゲてゲ ハイスクール→ハウス [@MBC_tegeh] (2018年3月26日). "3/25のてゲハイは、勇志国際高校のれいなたんこと稲田麗奈さんとジクさんでお届けしました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  210. ^ 【公式】岩﨑弘志のてゲてゲ ハイスクール→ハウス [@MBC_tegeh] (2021年7月18日). "2018年3月には麗奈さん、展望スタジオに来ててゲハイに出演してくれただなんて、、、、!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  211. ^ 岩﨑弘志(MBCアナウンサー) [@iwasakikoji0326] (2021年5月26日). "てゲハイにも出てもらった麗奈ちゃん(@0172Reina)があのTHE FIRST TAKEに" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  212. ^ 【公式】岩﨑弘志のてゲてゲ ハイスクール→ハウス [@MBC_tegeh] (2022年2月13日). "#麗奈さん、ついに登場です〜" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  213. ^ 【公式】岩﨑弘志のてゲてゲ ハイスクール→ハウス [@MBC_tegeh] (2022年3月21日). "てゲハイフェス2022無事終了" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  214. ^ てゲてゲハイスクールフェスティバル2022”. MBC南日本放送. 2022年8月6日閲覧。
  215. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年11月4日). "MBCラジオ「城山スズメ」さんありがとうございました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  216. ^ MBC南日本放送 [@MBC_kagoshima] (2022年2月14日). "このあと、麗奈さんリモート出演です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  217. ^ 東郷さくら [@Sakura_Togo8] (2022年1月21日). "#MBCラジオ毎週日曜21:45~「東郷さくら~音楽は想い出の目次」" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  218. ^ 有賀真姫 [@macky0625] (2022年7月5日). "麗奈ちゃんが!!!いよいよメジャーデビュー" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  219. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年11月4日). "FM鹿児島「あさCafe」さん、ありがとうございました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  220. ^ a b 3月25日(金)鹿児島出身歌手「麗奈」特集!”. 見っどナイト. KTS鹿児島テレビ (2022年3月25日). 2022年8月6日閲覧。
  221. ^ こかじ ひろゆき [@4949k] (2022年3月25日). "#見っどナイト 鹿児島出身のシンガーソングライター#麗奈さんを大特集です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  222. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年3月24日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  223. ^ こかじ ひろゆき [@4949k] (2022年7月4日). "おめでとうございます" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  224. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年4月30日). "実は猫ちゃんを.....育ててます..." (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  225. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年4月10日). "あるちゃんもふちゃんは、この世の逸材です" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  226. ^ バイバイ、グッピー本編 (映画). NPO法人映画甲子園. (2018年10月29日). https://www.youtube.com/watch?v=Yt8vGMUoXPA 2022年8月6日閲覧。 
  227. ^ あっぷハウジング 2022年~【新TVCM】「温もりがあふれる家」編 15秒 (CM). 株式会社あっぷハウジング. (2022年1月6日). https://www.youtube.com/watch?v=n9sPFFtE_m4 2022年8月6日閲覧。 
  228. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年8月2日). "mbc.co.jp/tv/news_now/「NEWS NOW」さんの8月のエンディングテーマに「僕だけを」が決定しました!!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  229. ^ 見っどナイト [@kts_midnight] (2021年7月31日). "8月のエンディングテーマは『#麗奈』の『僕だけを』に決定!" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  230. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2021年8月2日). "「見っどナイト」という番組で、私の「僕だけを」という曲が8月のエンディングテーマに決定しました" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  231. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2022年2月1日). "【#麗奈のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧
  232. ^ (株)あっぷハウジング TVCM ~ 2019年版 Part.A (CM). 株式会社あっぷハウジング. (2020年1月25日). https://www.youtube.com/watch?v=pebdvdIv0zM 2022年8月6日閲覧。 
  233. ^ (株)あっぷハウジング TVCM ~2019年版 Part.B (CM). 株式会社あっぷハウジング. (2020年1月25日). https://www.youtube.com/watch?v=rdJPuqhhWcc 2022年8月6日閲覧。 
  234. ^ (株)あっぷハウジング TVCM 2020年版 (CM). 株式会社あっぷハウジング. (2020年1月25日). https://www.youtube.com/watch?v=wLqmgv_FDsY 2022年8月6日閲覧。 
  235. ^ 麗奈 [@0172Reina] (2020年1月30日). "熊本で出演させていただいたCMは、こんな感じでした" (ツイート). Twitterより2022年8月6日閲覧

外部リンク[編集]