鹿路庭峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鹿路庭峠の位置(100x100内)
鹿路庭峠
伊豆半島における鹿路庭峠の位置

鹿路庭峠(ろくろばとうげ)は、静岡県伊東市伊豆市を結ぶ標高544m。 旧鹿路庭峠は現在の位置より東にあり、対馬地区上大見地区を結ぶ主要道であった。旧峠が利用されていた時代には茶屋があり、旅のお守りとして「伊豆国池村地蔵尊」と書かれたお札が売られていた。現在でも当時の石仏が残る[1]

名前の由来[編集]

かつては山深い峠道であり、多くの鹿の姿が見られたため、この名がついたと言われている。

現況[編集]

峠を越える静岡県道111号遠笠山富戸線と、冷川方面へ向かう静岡県道112号中大見八幡野線が交差している。

伊豆市側には伊豆スカイライン天城高原ICがあり、南側に別荘地、ホテル、ゴルフ場などがある天城高原が広がっている。

伊豆東部火山群の矢筈山溶岩ドームへの登山口となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 飲食店「ろくろば村」にあった池郷土研究会の表示より
[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度54分18.2秒 東経139度3分10.7秒