鹿嶋神社 (品川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鹿嶋神社
Kashima jinja shinagawa 2009.JPG
所在地 東京都品川区大井6丁目18-36
位置 北緯35度35分44.2秒
東経139度43分49.1秒
主祭神 武甕槌神
社格 旧村社
創建 伝安和2年(969年)
例祭 10月の第3土・日曜日
テンプレートを表示

鹿嶋神社(かしまじんじゃ)は、東京都品川区大井に鎮座する神社[1]

祭神[編集]

武甕槌神を祀る。

由緒[編集]

当神社の社伝によると、安和2年(969年)に大井の[2]常行寺の僧、尊栄法印が常陸国鹿島神宮より分霊勧請したことに始まり、同時に別当として来迎院を建立したという。また古来より祭礼として相撲が奉納されており、渋谷氷川神社世田谷八幡宮と共に江戸郊外の三大相撲として知られていた。現在の社殿は 昭和6年(1931年)に竣工した。旧社殿は文久2年(1862年)の造営で精巧を極めた鎌倉彫の彫刻が施されており、これを後世に伝えるため境内末社として移設して現存してある。

境内社[編集]

  • 三峰神社
  • 金刀比羅神社
  • 天祖神社
  • 八幡神社
  • 稲荷神社

境外に大井の水神社がある。

大井の水神社[編集]

水神社
Oi suijin shinagawa 2009.JPG
所在地 東京都品川区大井5丁目14-9
位置 北緯35度35分44.4秒
東経139度43分58.9秒
主祭神 水葉乃女命
創建 伝貞享2年(1685年)
テンプレートを表示

武蔵野台地の末端に位置し湧水が豊富だった当地で、貞享2年(1685年)村民たちの手によって水神(九頭龍権現)を祀ったのが始まりであるという。願主は桜井伊兵衛と大野忠左衛門であった。明治時代までは日照りになると村人がここへ集まって雨乞いをしていたと伝えられている。湧水は「柳の水」と呼ばれ、歯痛を止めるのにも利益があったという。明治時代になると祭神は水葉乃女命に変わった。昭和50年頃(1970・80年代)まで水が湧き出ていたという。現在ではポンプで水をくみ上げている。


交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典13 東京都』角川書店、1978年、852頁
  2. ^ 江戸時代に大井から南品川に移転した。

外部リンク[編集]