鹿島幾三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島 幾三郎(かしま いくさぶろう、1948年(昭和23年)10月8日 - )は日本の通産官僚。元経済企画庁物価局長。パナソニック株式会社代表取締役専務。

略歴[編集]

  • 都立日比谷高校卒業。
  • 東京大学法学部卒業。
  • 1971年(昭和46年)7月:通商産業省入省。
    同期に、杉山秀二(事務次官)、奥村裕一(貿易経済協力局長)、古田肇若杉隆平(横国大副学長)、殿岡茂樹(中小企業庁次長)、飯塚和憲(国土庁計画調整局総務課長)など。
  • 通商産業省貿易局輸出課長。
  • 通商産業省通商政策局国際経済部国際経済課長。
  • 経済企画庁物価局物価政策課長。
  • 1999年(平成11年)7月:経済企画庁物価局長。
  • 2001年(平成13年)1月:経済産業省退官。
  • 2001年(平成13年)4月:独立行政法人産業技術総合研究所理事。
  • 2003年(平成15年)6月:情報処理振興事業協会専務理事。
  • 2004年(平成16年)6月:松下電器産業株式会社入社、参与。
  • 2005年(平成17年)6月:松下電器産業株式会社取締役。
  • 2007年(平成19年)4月:松下電器産業株式会社常務取締役。
  • 2007年(平成19年)6月:株式会社小糸製作所取締役。
  • 2010年(平成22年)4月:パナソニック株式会社(松下電器産業から社名変更)専務取締役。
  • 2019年(令和元年)11月:瑞宝中綬章受章[1]

その他役職[編集]

  • 財団法人海外子女教育振興財団副会長。
  • 財団法人日本情報処理開発協会評議員。
  • 特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会副会長。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外第151号、令和元年11月5日