鹿島千穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かしま ちほ
鹿島 千穂
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県山武郡成東町
生年月日 (1975-04-18) 1975年4月18日(45歳)
血液型 A型
最終学歴 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院修了
職歴 日本海テレビアナウンサー
(1998年4月 - 2001年3月)
TBSニュースバードキャスター
(2006年4月 - 2007年3月)
NORTH WAVEパーソナリティ
(2007年4月 - 2016年9月)
実践女子大学短期大学部講師
(2019年4月 - )
活動期間 1998年4月 -
ジャンル ラジオパーソナリティ
配偶者 有り
担当番組・活動
出演経歴MUSIC SALAD
『CLUB ALIVE』
『Precious!』

鹿島 千穂(かしま ちほ、1975年4月18日[1] - )は、実践女子大学短期大学部日本語コミュニケーション学科の専任講師。専門はコミュニケーション学[2]。元日本海テレビジョン放送アナウンサーTBSニュースバードキャスター

来歴[編集]

千葉県出身。慶應義塾大学文学部を卒業後[3]、1998年4月に日本海テレビジョン放送に入社。報道制作局に配属され、2001年3月まで同局のアナウンサーを務めた[3]

退社後はアメリカ合衆国へ渡り、ワシントン大学に1年間留学した[4]。留学中、現地のテレビ局でインターンをしていた[4]

帰国後、2003年からbayfmパーソナリティを務めていた。また、その後も2006年4月から2007年3月までTBSニュースバードキャスターを務めるなど[3]、この当時は関東地方を拠点に活動していた。TBSニュースバード時代には、クリエイティブ・メディア・エージェンシー(後のTBSスパークルキャスター室)に所属していた[5]

2007年4月に北海道札幌市へ移住し、以後は2017年3月まで北海道を拠点に活動。FM NORTH WAVE北海道放送の番組に出演しながら、東海大学国際文化学部(北海道札幌市)と道新文化センターの講師も務めていた[3][6]

結婚後[7]、2011年3月に長女を出産した[8]東日本大震災発生直後の混乱のさなかでの出産であったこともあり、この時のエピソードは後に北海道新聞のコラムやFM NORTH WAVEの『Precious!』でも語られている[9]

2015年4月、仕事と育児を続けながら北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院に入学。国際広報メディアを専攻し、2年後の2017年3月に博士前期課程(修士課程)を修了した[3][10]


人物[編集]

趣味は海外旅行。慶応大学在学時に東南アジアを一人旅したのを皮切りに[11]、20か国以上を回っている[4]。一人旅を趣味にしていたが、長女が生まれてからは家族で各国を訪れている[12]

ジュニア野菜ソムリエ、ワットポータイ古式マッサージの資格を有する[11]

担当番組[編集]

日本海テレビ[編集]

bayfm[編集]

FM NORTH WAVE[編集]

  • MORNING SCOPE(2007年4月 - 2008年3月)
  • VENUS DRIVE(2008年4月 - 2009年3月)
  • Sabaai Sabaai! Thailand(2008年4月 - 2010年9月)
  • Fly Me Pop FRIDAY(2009年4月 - 2010年3月)
  • fusioniCKs(2010年4月 - 2011年1月)
  • CLUB ALIVE(2010年4月 - 2011年1月、2011年6月 - 2015年3月)
  • Candy Friday(2011年6月 - 2012年3月) - 「WONDER DOG! WONDERFUL LIFE」担当[13]
  • Precious!(2012年4月 - 2016年3月)
  • Conscious!(2016年4月 - 2016年9月)

北海道放送[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鹿島千穂|DJ INDEX”. FM NORTH WAVE. 2016年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月21日閲覧。
  2. ^ 新任の先生ようこそ実践女子学園へ”. 実践女子大学/実践女子大学短期大学部 (2019年). 2019年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e 鹿島 千穂(日本語コミュニケーション学科)”. 実践女子大学 研究者総覧. 2019年11月21日閲覧。
  4. ^ a b c 鹿島 千穂のプロフィール情報”. All About. 2019年11月21日閲覧。
  5. ^ CMA タレント、アナウンサー/キャスター、文化人をマネージメント”. クリエイティブ・メディア・エージェンシー. 2006年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月21日閲覧。
  6. ^ かしまちほ (2010年10月17日). “オススメとお知らせ”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。
  7. ^ かしまちほ (2010年10月3日). “ただいま!”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。
  8. ^ かしまちほ (2011年3月30日). “生まれました”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。
  9. ^ かしまちほ (2013年3月11日). “あれから2年”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。
  10. ^ かしまちほ (2017年3月25日). “ハレの一日”. Precious days. 2017年3月30日閲覧。
  11. ^ a b Precious days”. 2019年11月21日閲覧。ブログ欄外のプロフィールに記載あり。
  12. ^ 鹿島 千穂”. 実践女子大学/実践女子大学短期大学部. 2019年11月21日閲覧。
  13. ^ かしまちほ (2011年6月3日). “復帰します”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。当時のFM NORTH WAVE公式サイトのタイムテーブルにもコーナー担当の記述あり。
  14. ^ かしまちほ (2008年5月2日). “おしらせです。”. Precious days. 2019年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]