鹿島俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鹿島 俊郎(かしま としろう、1925年7月8日 - 1960年1月31日)は日本宗教家普明会教団創立者・初代会長。

略歴[編集]

  • 大正14年(1925年)
7月8日、熊本県熊本市に生まれる。
  • 昭和14年(1939年)
叔母の導きにより霊友会に入会。
  • 昭和19年(1944年)
4月、横浜高等工業学校(現横浜国立大学)入学。
第七支部のもと横浜支部(公称2万人の)導き親となる(後、横浜支部は鹿島監督下において4支部に分立)。
  • 昭和22年(1947年)
3月、横浜高等工業学校卒業。
4月、霊友会職員となり、久保継成の家庭教師となるかたわら、教団の組織・教義の研修、信徒の指導にあたる。
※ 霊友会の法華経の教えに限界と疑問を感じ始める。
この頃、戸次貞雄の著書に巡り会い、霊友会と戸次との関係を知る。
  • 昭和24年(1949年)
11月3日、普明会創立の神示を受ける。
11月4日、霊友会脱会。
11月16日、普明会設立登記。
11月23日、戸次のもとに参じる。
  • 昭和26年(1951年)
6月18日、普明会本部道場完成。
  • 昭和27年(1952年)
9月17日、第1回大祭。
10月23日、宗教法人法による普明会教団設立登記
  • 昭和31年(1956年)
8月4日、天界に戻る旨の神示を受ける。
  • 昭和34年(1959年)
6月6日、全国行脚に出発(最終第3次行脚11月24日迄)。
  • 昭和35年(1960年)
1月31日、福島県幕川金神滝で修行中逝去。