鹿児島県護国神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿児島県護国神社
Kagoshima Prefecture defense of the fatherland Shinto shrine.jpg
所在地 鹿児島県鹿児島市草牟田二丁目60番7号
位置 北緯31度36分32.7秒
東経130度32分30.1秒
座標: 北緯31度36分32.7秒 東経130度32分30.1秒
主祭神 鹿児島県出身の英霊
社格 旧内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 明治元年(1868年)
本殿の様式 流造
例祭 4月13日10月13日
テンプレートを表示

鹿児島県護国神社(かごしまけんごこくじんじゃ)は、鹿児島県鹿児島市草牟田二丁目にある神社護国神社)である。

祭神[編集]

明治維新以降の国事に殉じた鹿児島県出身の英霊や、殉職した自衛官警察官消防士等77,000柱余を祀る。

歴史[編集]

明治元年(1868年)、明治天皇から与えられた鳥羽・伏見の戦いの戦死者を祀るための金500両により創建された靖献霊社(いさたまれいしゃ)に始まる。当初は照国神社の右手横(現在の戊辰駐車場)に鎮座していた。明治8年に鹿児島招魂社に改称、昭和14年(1939年)に鹿児島県護国神社に改称した。戦後の昭和22年(1947年)、軍国主義施設として廃止されるのを免れるため、薩隅頌徳神社(さつぐうしょうとくじんじゃ)に改称し、翌23年に現在地に遷座、同26年に現社名に復した。
平成19年4月には特攻勇士の像が建立された。

神社周辺[編集]

外部リンク[編集]