出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺島良安『和漢三才図会』より「鸞」

(らん)は、日本江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には、実在のとして記載されている。それによれば、中国類書三才図会』からの引用で、鸞は神霊の精が鳥と化したものとされている。「鸞」は雄の名であり、雌は「和」と呼ぶのが正しいとされる。鳳凰が歳を経ると鸞になるとも、君主が折り目正しいときに現れるともいい、その血液は粘りがあるためにとしての弦の接着に最適とある[1]

実在の鳥類であるケツァールキヌバネドリ目)の姿が、鸞の外観についての説明に合致するとの指摘もある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺島良安著 島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳訳注 『和漢三才図会』6、平凡社東洋文庫〉、1987年、319-320頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ 笹間良彦 『図説・日本未確認生物事典』 柏書房1994年、163頁。ISBN 978-4-7601-1299-9

関連項目[編集]