鷲津砦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
鷲津砦
愛知県
史跡鷲津砦址の碑
史跡鷲津砦址の碑
城郭構造 平山城
築城主 織田信長
築城年 永禄2年(1559年
廃城年 永禄3年(1560年
指定文化財 国の史跡
位置 北緯35度4分10.43秒
東経136度56分32.24秒

鷲津砦(わしづとりで)は、名古屋市緑区にあった織田信長によって築かれ、桶狭間の戦いの前哨戦が行われた。

鷲津砦址からの眺望


沿革[編集]

大高城の北東約 700mの丘陵上に築かれ、東西 25m、南北 27mの規模だったという[1][2]

尾張で勢力を伸ばしていた織田信秀の死後、子の信長が跡を継ぐと、信秀に従っていた鳴海城山口教継駿河今川義元に寝返り、義元は大高城を手中にした。そこで信長は、鳴海城に対して丹下砦善照寺砦中島砦を築き、さらに大高城と鳴海城の間を遮断するために、丸根砦と鷲津砦を築いた。鷲津砦には守将として織田秀敏飯尾定宗尚清父子が置かれた[3]

永禄3年5月19日西暦1560年6月12日)早朝、尾張に侵攻した今川軍は鷲津砦と丸根砦に攻撃を開始した。その報せを受けた信長は清洲城から出陣したが、熱田神宮に差し掛かった時には、すでに両砦は落城したらしく、煙が上がっていたという[4]。このとき鷲津砦を攻撃した今川方の武将は『武徳編年集成』等の後世の史料では朝比奈泰能とされている[5]が、泰能は弘治3年(1557年)に死去しているため実際は子の泰朝で、親子を誤ったものと見られている。

その日の桶狭間の戦いで義元は討ち死にして今川軍は尾張から撤退し、今川氏から独立した三河松平元康との間に清洲同盟が成立したため、鷲津砦が再び使われることはなかった。

現況[編集]

長寿寺山門

大高城・丸根砦と共に1938年(昭和13年)に国の史跡に指定されており[6]、史跡鷲津砦址の碑が立つ。周辺は鷲津砦公園として整備されている。砦址のある丘陵の麓には長寿寺という寺があり、この寺はもと真言宗長祐寺と称していたが、鷲津砦の兵火により焼失したという[7]

交通[編集]

JR大高駅より東へ徒歩約5分。

脚注[編集]

  1. ^ 『寛文村々覚書』によるという(名古屋市教育委員会による現地説明板による)。
  2. ^ 標高35mの丘上に、東西約35m、南北40mの規模だったとも言い、堀もあったという記録がある(『日本城郭体系』9、新人物往来社、1979年、644頁。
  3. ^ 太田牛一信長公記』 巻首 「鳴海の城へ御取出の事」
  4. ^ 『信長公記』 巻首 「今川義元討死の事」
  5. ^ 現地説明板も泰能としている。
  6. ^ 国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2012年8月4日閲覧。
  7. ^ 名古屋市教育委員会による現地説明板による