鷲津久一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鷲津 久一郎(わしづ きゅういちろう、1921年3月12日[1] - 1981年11月25日[2])は、日本の航空工学者。

経歴[編集]

愛知県出身。一宮中学校卒、東京帝国大学工学部卒、技術大尉として特攻機「桜花」の設計に携わる[3]。1957年「弾性力学における近似解法に関する研究」で工学博士。東京大学工学部航空工学科助教授、教授、大阪大学基礎工学部教授[4]。娘はアメリカ文学者・筑波大学教授・鷲津浩子(1952- )[5]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • R.ヒル『塑性学』山田嘉昭,工藤英明共訳 培風館 1954
  • B.A.フィンレイソン『重みつき残差法と変分原理 および流体力学・伝熱・物質移動への応用』山本善之,川井忠彦共訳 培風館 1974
  • D.J.ハター『機械振動解析とプログラミング』砂川恵共監訳 高野夏樹訳 ブレイン図書出版 理工学海外名著シリーズ 1977
  • H.C.マーチン,G.F.ケイリー共著『有限要素法の基礎と応用』山本善之共訳 培風館 1979

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1205頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 新幹線開発者三木忠直
  4. ^ 「鷲津久一郎先生の思い出」川井忠彦 日本機械学會誌 1989-06-05
  5. ^ 鷲津浩子『時の女たち』あとがき