鷲ヶ濱音右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鷲ヶ濱 音右エ門(わしがはま おとえもん、1838年3月10日天保9年2月15日〉 - 1897年明治30年〉8月30日)は、玉垣部屋及び常盤山部屋に所属した元力士[1]常盤山小平治婿及び7代行司木村庄三郎に当たる。

本名は柳澤 音右衛門(明治維新後に常盤山 音右衛門に改名)。身長,体重は不明。出身地は現在の長野県長野市(旧・信濃国埴科郡清野村)。

最高位は東前頭4枚目。1862年11月以降は松代藩真田氏のお抱えだった。

1858年1月初土俵(序ノ口)。1868年6月西二段目7枚目にあがり、現在でいう十枚目昇進を果たす。1870年4月新入幕。しかし、幕内ではツラ相撲が多く、前頭4~7枚目の中堅に終始した。1876年4月場所限りで引退。9代常盤山を襲名し、部屋の経営に携わった。21年もの長きにわたって部屋を経営していたが、関取を育てる事ができず、晩年は妻の不貞や息子の不行跡・脱走で心労が重なり、自身も病気に罹って不遇だった。1897年8月30日に死去。59歳だった。

幕内通算13場所 32勝42敗8分48休の成績を残した[1]

改名歴は2回ある:小金山 → 箕島 邦五郎 → 鷲ヶ浜 音右エ門[2]

 出典 [編集]

  1. ^ a b http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3436&l=j
  2. ^ 奇しくも、岳父の常盤山小平治も同じ改名歴を辿っている。