鶴藤長天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴藤長天(かくとうちょうてん)は、プロレスラージャンボ鶴田藤波辰爾長州力天龍源一郎のこと。

概要[編集]

力道山の次にプロレス界のリーダーになったアントニオ猪木ジャイアント馬場の後継者と目される次世代の4人をニューリーダーと呼び、それぞれの名前から1文字ずつとって格闘頂点(鶴藤長天)をもじったかたちで週刊ゴングの記者が1987年1月ごろに命名。 長州力全日本プロレスを離脱して新日本プロレスに復帰したことで4人が一堂に会することが難しくなり、このような呼ばれ方をすることは少なくなっていった。結局、リングで4人が揃う事はなかったが(東スポ大賞の授賞式では4ショットが実現)1997年8月、長州の引退試合で藤波辰爾、長州、天龍源一郎のタッグが実現して週刊ゴングの表紙は闘頂点(藤長天)と明記された。

補足[編集]

鶴藤長天の命名から10年後、同じく週刊ゴング橋本真也船木誠勝武藤敬司三沢光晴のそれぞれの名前から1文字ずつとって新生闘功(真誠藤光)と呼び、鶴藤長天に代わる21世紀のリーダーとしてキャンペーンを行ったが、こちらは全く定着しないままあっという間に姿を消してしまった。