鶴羽樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴羽 樹(つるは たつる、1942年2月11日 - )は、日本の実業家ツルハ創業家3代目で、ツルハホールディングス代表取締役社長を経て、同社取締役会長[1]。ツルハ代表取締役社長の鶴羽順は次男[2]

人物・経歴[編集]

1976年大阪商業大学商経学部卒業[3]ツルハ入社。1978年取締役に昇格。1994年専務取締役。1996年代表取締役専務。1997年から代表取締役社長を務め[4]、2005年には持株会社として改組したツルハホールディングスの代表取締役社長に就任[5]。積極的なM&Aを進め、売上高5000億円が軌道に乗った2014年に、ツルハホールディングス代表取締役会長及びツルハ代表取締役会長に退いた[6][7]。2018年ツルハホールディングス取締役会長[2]

脚注[編集]

先代:
(新設)
ツルハホールディングス社長
2005年 - 2014年
次代:
堀川政司