鶴羽伸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴羽 伸子(つるわ のぶこ、女性、1932年1月7日 - 2002年12月8日)は、日本の翻訳家文芸評論家。本姓は斎藤(さいとう)。

来歴・人物[編集]

石川県金沢市生まれ。石川県立金沢第二高等女学校在学中の1945年5月に、東京から疎開転校してきた曽野綾子と出会う。1954年金沢大学法文学部卒業(71-72P参照)。大学の同級生に、後に金沢女子短期大学教授となる森井道男がいる。1957年から1967年まで、金沢アメリカ文化センター図書主任を務める。

曽野綾子の評伝を表し、曽野や夫の三浦朱門とともに翻訳を手がけるが、1981年には曽野に対し「もう付き合わない」と通告し絶縁状態となった。晩年には癌に冒され、聖路加国際病院の緩和ケアー病棟に入院した1999年に、曽野と連絡を取り復縁する(11月4日の項参照)

1996年には金沢市文化活動賞受賞[1]。この頃は金沢ボランティア大学校校長等を務めている(5P参照)

著作[編集]

  • 1979年『神の木偶 曽野綾子の魂の世界』 (主婦の友社

翻訳[編集]

関連項目[編集]