鶴岡賢二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「靍岡賢二郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
靍岡 賢二郎
20111123 Kenjiro Tsuruoka, catcher of the Yokohama BayStars, at Yokohama Stadium.jpg
DeNA時代(2011年11月23日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
生年月日 (1987-07-07) 1987年7月7日(30歳)
身長
体重
178 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2010年 ドラフト8位
初出場 2014年4月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

靍岡 賢二郎(つるおか けんじろう、1987年7月7日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手捕手)。

苗字の「靍」は環境依存文字であるため、日本野球機構 (NPB) 公式サイトなど一部Webサイトにおいては常用漢字である「鶴」に置き換えて「鶴岡」と表記され[1]、ニュースサイトなどにおいては平仮名に置き換えた「つる岡[2]や「雨かんむり」に「鶴」を書いた「靏岡」の表記も用いられる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

春日部共栄高校時代は強肩強打の捕手として知られ[3]、3年時に主将兼4番打者として夏の埼玉県大会の決勝戦進出に貢献。決勝戦では2年生エース投手の木村文和を擁する埼玉栄高校と対戦、1対4と3点リードされた9回表二死満塁の場面で、2ストライクと追い込まれながら同点打となる走者一掃の3点適時三塁打を木村から放った[2]。続く5番・射手矢大輔の適時二塁打によって勝ち越した春日部共栄はそのまま5対4で逆転勝利し、甲子園への出場を決めた。甲子園初戦では平田良介辻内崇伸らを擁する大阪桐蔭高校と対戦、7対9で敗れたが、自身は辻内から中堅バックスクリーンへ本塁打を放つなど5打数2安打の成績を残した[1][3]

同年秋にはAAAアジア選手権日本代表に選出。この時のチームメイトには前述した平田・辻内のほか、田中将大山口俊堂上直倫ら、後にプロ入りする選手が数多くいた。

高校卒業後は将来アマチュアの指導者になるという目標を実現するためプロ志望届を提出せず[3]、大学卒業後にプロ入りすることをもう一つの目標として日本体育大学に進学[3]。しかし伸び悩みから首都大学野球公式戦での出場機会には恵まれなかった。その一方で、大学への在学中に小学校・中学校・高校の体育科教員免許を取得[3]。取得に向けて母校の春日部共栄高校で教育実習へ臨んだ際には、2009年のドラフト会議北海道日本ハムファイターズからのドラフト1位指名を受けて投手で入団した中村勝を教えている[4]

プロ入り後[編集]

2010年四国・九州アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツに入団。45試合に出場し、89打数16安打で打率.180・1本塁打・10打点の成績を残した[3]

2010年10月28日のドラフト会議で、横浜ベイスターズから8巡目で指名。全12球団で68人が指名されたこの会議で最後の指名選手であった[3]が、11月11日に契約金700万円・年俸500万円(金額は推定)という条件で契約した。背番号は、姓の読みとポジションが同じ鶴岡一成2008年シーズン途中までの横浜在籍中に付けた57[注釈 1]

DeNAへの入団後は、3年目の2013年まで一軍公式戦への出場機会がなかった。イースタン・リーグの公式戦では、1年目の2011年に54試合の出場で打率.244の成績を残したが[1]、2年目の2012年には35試合の出場で打率.213にとどまった[1]。2013年には、32試合の出場で打率.186と低迷している[5]

2014年には、支配下登録の捕手が5人しかいないというチーム状況に加えて開幕から一軍で正捕手として起用されてきた黒羽根利規4月11日に骨折で戦線を離脱した。このため、同月19日に入団後初の出場選手登録を果たした[6]。同日の対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)8回表から、捕手として一軍公式戦初出場を果たす。翌20日の同カードでは「8番・捕手」としてスタメンに起用されると、前田健太から一軍での初安打を記録した。シーズン通算では、一軍公式戦24試合の出場で打率.267、2打点という成績を残している。

2015年には、イースタン・リーグ公式戦54試合に出場した。一塁手指名打者にも起用されたほか、打率.244という成績を残したが一軍公式戦への出場機会はなかった。10月25日に球団から戦力外通告を受けたこと[7]を機に現役を引退した。

現役引退後[編集]

DeNAから戦力外通告の際にブルペン捕手としての契約を打診された[8]ことを受けて、2016年からは、「チームサポーター」という肩書でブルペン捕手を務める[9]

プレースタイル[編集]

捕球から二塁到達まで2秒を切る強肩を武器とした[3]。大学時代に出場機会に恵まれなかったことによる4年間の実質的なブランクの影響によって捕球やリード面に課題を抱えていたが[3]、独立リーグ・愛媛在籍当時に実戦出場機会を得たことにより送球の正確さが向上しリード面も進歩したと評された[3]

また独立リーグ・愛媛在籍当時の通算打率が2割を切っていることが示す通り、確実性に欠ける打撃面も課題とされた[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 DeNA 24 49 45 4 12 0 0 0 12 2 0 0 0 0 4 1 0 10 1 .267 .327 .267 .593
通算:1年 24 49 45 4 12 0 0 0 12 2 0 0 0 0 4 1 0 10 1 .267 .327 .267 .593

年度別守備成績[編集]


捕手






















2014 17 63 8 1 1 .986 0 14 12 2 .143
通算 17 63 8 1 1 .986 0 14 12 2 .143

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (2010年)
  • 57 (2011年 - 2015年)
  • 122 (2016年 - )

独立リーグ時代の成績[編集]

年度別打撃成績




















2010 愛媛 45 89 5 16 1 1 1 10 0 6 1 10 3 20 .180
通算:1年 45 89 5 16 1 1 1 10 0 6 1 10 3 20 .180

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 鶴岡一成は、2008年シーズン途中に読売ジャイアンツへ移籍した後に、国内FA権の行使によって2011年のシーズン終了後にDeNA(2011年12月に「横浜ベイスターズ」から「横浜DeNAベイスターズ」へ商号変更)へ復帰。復帰後の背番号は10だったが、久保康友の国内FA権行使による移籍に伴う補償措置で、2014年シーズンから阪神タイガースに在籍している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 2013年度横浜DeNAベイスターズ選手名鑑 鶴岡 賢二郎 - スポニチ Sponichi Annex 2013年5月30日閲覧
  2. ^ a b 西武・木村、場外2発!二刀流・大谷に洗礼(3/3ページ) - SANSPO.COM(2013年5月17日配信) 2013年5月30日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「68番目の男」が独立リーグからの飛躍を期す 四国・九州独立IL愛媛:靍岡賢二郎 - スポーツナビ(2010年11月30日配信) 2013年5月30日閲覧
  4. ^ 2013年セ・パ交流戦 選手会オリジナル企画「対戦してみたい選手」(横浜ベイスターズ) - 日本プロ野球選手会公式サイト(2014年5月10日)同日閲覧
  5. ^ 2013年度 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ個人打撃成績(イースタン・リーグ) - 日本野球機構公式サイト、2014年4月20日閲覧。
  6. ^ 【4月19日の公示】DeNA 三浦を抹消、靍岡を登録 - スポーツニッポン(2014年4月19日配信)2015年10月29日閲覧
  7. ^ 2016年 選手契約について - 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2015年10月25日付ニュース)2015年10月29日閲覧
  8. ^ DeNA つる岡に戦力外通告 ブルペン捕手打診 - スポーツニッポン(2015年10月26日配信)2015年10月29日閲覧
  9. ^ 【DeNA】父の言葉励みに…鶴岡「やりきった」- スポーツニッポン(2015年12月15日配信)2015年12月16日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]