鶴ケ坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鶴ヶ坂駅から転送)
移動先: 案内検索
鶴ケ坂駅
駅入口
駅入口
つるがさか - Tsurugasaka
大釈迦 (6.2[1]km)
(5.4[1]km) 津軽新城
所在地 青森県青森市大字鶴ケ坂字川合[2]91-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 473.4[3]km(福島起点)
電報略号 ルカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
47人/日(降車客含まず)
-2004年[4]-
開業年月日 1933年昭和8年)1月20日[3]
備考 無人駅[2]
テンプレートを表示

鶴ケ坂駅(つるがさかえき)は、青森県青森市大字鶴ケ坂字川合にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である[5]

「鶴坂駅」と表記される場合もある[6]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[2]。互いのホームは跨線橋で連絡している[2]。駅舎のほか、2番線に待合室がある[2]

弘前駅管理の無人駅

のりば[編集]

1 奥羽本線(下り) 津軽新城青森方面
2 奥羽本線(上り) 浪岡弘前方面

利用状況[編集]

各年度の乗車人員は以下の通りである。なお、2005年度以降無人駅の乗車人員は発表されていない[4]

乗車人員の推移
年度 一日平均乗車人員
1988 79
1993 74
1998 65
2001 60
2004 47

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

その他[編集]

  • 現在は普通列車のみ停車するが、1960年代頃までは青森駅発秋田駅行早朝の上り準急列車(「岩木」)1本が、当駅に停車していた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
奥羽本線
快速
通過
普通
大釈迦駅 - 鶴ケ坂駅 - 津軽新城駅[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大蔵省印刷局「鐵道省告示第六號」 (IMT) 、『官報』第1810号、1933年1月14日、 251頁、 NDLJP:29582812013年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、21頁。
  3. ^ a b c d 今尾恵介 「JR奥羽本線(2) 秋田〜青森」『日本鉄道旅行地図帳 全線・前駅・全廃線 2号 東北』 新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2008年6月18日、44頁。ISBN 978-4-10-790020-32013年12月27日閲覧。
  4. ^ a b 青森市総合都市交通戦略・青森市地域公共交通総合連携計画 (PDF)”. 青森市内鉄道駅の1日平均乗車人員一覧表. 青森市総合都市交通対策協議会・青森市. p. 38 (2009年10月). 2013年12月27日閲覧。
  5. ^ a b JR東日本:各駅情報(鶴ケ坂駅)”. 東日本旅客鉄道. 2013年12月27日閲覧。
  6. ^ JR東日本 旅客営業規則”. 第2編 旅客営業、第2章 乗車券類の発売、第7節 急行券の発売、第57条の2 乗継急行券の発売. 東日本旅客鉄道. 2013年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]