鶏結核病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶏結核病(にわとりけっかくびょう、英:avian tuberculosis)とは、トリ型結核菌(Mycobacterium avium subsp. avium)血清型1、2、3、8感染を原因とする感染症

日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は家鴨七面鳥。糞便や呼気飛沫による気道感染。乾酪壊死を伴う肉芽腫性病変が認められる。ワクチンおよび治療法はない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]