鵜飼石斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鵜飼 石斎(うかい せきさい、慶長20年1月15日1615年2月12日)-寛文4年7月21日1664年9月10日))は、江戸時代前期の儒学者を信之。は子直。は石斎・心耕子。鵜飼真元の子で母は中路氏、正室は湯本幸勝の娘。子に鵜飼錬斎称斎がいる。

祖先は近江国甲賀郡の人と言われる。江戸出身で那波活所に学ぶ。正保3年(1646年)に尼崎藩主青山幸利に仕え、万治3年(1660年)に致仕して上洛京都油小路で私塾を開いて門人を育成し、その名声は山崎闇斎毛利貞斎と並んだ。

儒学のみならず、歴史にも精通し、31種673巻にのぼる著書・校刊本が知られており、代表的なものとして『本朝編年小史』7巻、『明清闘記』11巻などがある。後者は近松門左衛門が『国性爺合戦』を執筆した際に参考にした文献のひとつと言われている。

50歳で没し、円光寺に葬られ、孟東野陶淵明両者のより、「貞節」と諡した。