鴻沼資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴻沼資料館(2011年11月)
地図

鴻沼資料館(こうぬましりょうかん)とは、埼玉県さいたま市桜区西堀にある資料館である。すぐ近くを流れる鴻沼川の歴史や新田開発について学ぶことができる。

概要[編集]

鴻沼用水の流域の農家で結成した2つの土地改良組合の連合である、「鴻沼排水関係二ヶ土地改良区組合連合」が、農地の減少により組合連合が解散することに伴い、地域の歴史と民俗を後世に残すために、1992年5月1日に開館した。その後、1995年4月1日に組合連合の清算法人より浦和市へ寄贈して一旦閉館したが、1995年7月1日から浦和市立郷土博物館(現、さいたま市立浦和博物館)の分館として再開館した。2001年5月1日、合併によるさいたま市の設置に伴い、浦和くらしの博物館民家園の分館となり、2011年4月1日からさいたま市立博物館の分館となったが、管理は引き続き浦和くらしの博物館民家園が行っている。所在地は、埼玉県さいたま市桜区西堀4丁目1-4。

開館日・開館時間[編集]

  • 休館は月曜(祝日・振替休日を除く)と祝日の翌日(土、日、祝日を除く)、年末年始、臨時休館日
  • 入館料は無料

アクセス[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度51分4.2秒 東経139度37分41.7秒 / 北緯35.851167度 東経139.628250度 / 35.851167; 139.628250