鴨都波神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鴨都波神社
Kamotsuba Jinja Shaden.jpg
社殿
所在地 奈良県御所市宮前町514
位置 北緯34度27分37.9秒
東経135度43分58.3秒
座標: 北緯34度27分37.9秒 東経135度43分58.3秒
主祭神 積羽八重事代主命
下照姫命
社格 式内社名神大
県社
創建 崇神天皇の時代
本殿の様式 加茂流造
例祭 10月9日
地図
鴨都波神社の位置(奈良県内)
鴨都波神社
鴨都波神社
テンプレートを表示

鴨都波神社(かもつばじんじゃ)は、奈良県御所市にある神社である。式内社名神大社)で、旧社格県社

祭神[編集]

積羽八重事代主命下照姫命を主祭神とし、建御名方命を配祀する。葛城氏鴨氏によって祀られた神社で、高鴨神社(高鴨社)・葛城御歳神社(中鴨社)に対して「下鴨社」とも呼ばれる。事代主神は元々は鴨族が信仰していた神であり、当社が事代主神の信仰の本源である。大神神社(奈良県桜井市)に祀られる大国主の子に当たることから、「大神神社の別宮」とも称される。

立地[編集]

当地は葛城川と柳田川の合流地点である。

歴史[編集]

社伝によれば、崇神天皇の時代、勅命により太田田根子の孫の大賀茂都美命が創建した。一帯は「鴨都波遺跡」という遺跡で、弥生時代の土器や農具が多数出土しており、古くから鴨族がこの地に住みついて農耕をしていたことがわかる。

延喜式神名帳では「鴨都波八重事代主命神社 二座」と記載され、名神大社に列している。延喜式巻三「臨時祭」では「鴨神社 二座」と記されている。

大正10年(1927年)に県社に列格した。

文化財[編集]

  • 鴨都波神社本殿(御所市指定文化財)-棟札によれば天保12年(1841)の建立とされる。
  • 祭礼渡御図絵馬(奈良県指定有形民俗文化財
  • 御所の献灯行事(奈良県指定無形民俗文化財

境内[編集]

外部リンク[編集]