鴨川 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鴨川
さいたま市を流れる鴨川。堀の内橋から(2012年4月)
さいたま市を流れる鴨川。堀の内橋から(2012年4月)
水系 一級水系 荒川
種別 一級河川
延長 19.2[1] km
平均流量 -- /s
流域面積 63.7[1] km²
水源 埼玉県桶川市
水源の標高 -- m
河口・合流先 荒川朝霞市
流域 埼玉県
テンプレートを表示

鴨川(かもがわ[2])は、埼玉県桶川市および上尾市さいたま市朝霞市を流れる荒川水系一級河川である。荒川支流である。

地理[編集]

鴨川源流域の碑(桶川市若宮2丁目)

埼玉県桶川市鴨川1丁目付近に源を発し[3]、暗渠で南に向かう。上尾市から開渠となり、いくつもの支流をあわせて次第に流量を増す。さいたま市の西部を南に流れ、荒川左岸の朝霞市上内間木で荒川に合流する。

住宅地を通る川で、河川敷がほとんどない。さいたま市西部周辺の流域では、川沿いに古墳が多数確認されている。

鴨川によって形成された低地およびごく緩い谷によって大宮台地の指扇支台と与野支台が隔てられている。

治水[編集]

千貫樋 (さいたま市桜区下大久保~五関)

昭和初期までは、大久保村(今のさいたま市桜区大久保)で西に折れて荒川に注いでいたため、荒川が増水した時の逆流による水害に悩まされていた。

1904年(明治37年)、近隣の村々は資金を出し合い、当時の荒川合流部付近に千貫樋とよばれる関門を設置し、さらに1915年(昭和10年)には鴨川を南に延長して鴻沼川の一支流に付け替え、鴻沼川に合流させた。合流点から下流はそのときまで鴻沼川のものだったが、鴨川が本流にされたため鴨川と名を変えた。付け替えで切り離された旧鴨川下流は今も小河川として残り、一部は「千貫樋水郷公園」として整備されている。

戦後しばらくは台風時に溢れることもあったが、後に状況は改善されている。

支流[編集]

鴨川放水路(さいたま市桜区栄和)

橋梁[編集]

最上流域(上尾市井戸木4丁目)

上流から

  • かぶと橋 (これより上流は暗渠)
  • ふれあい橋
  • 菜の花橋
  • あすなろ橋
  • 鴨川橋(埼玉県道323号上尾環状線 ) - 一級河川起点
  • 親橋
上流域(親橋付近)

河川施設[編集]

  • 彩の国音かおりの里、鴨川みずべの里 - さいたま市西区水判土に1990年代に作られた二つの公園。自然に親しむための施設で、彩の国音かおりの里は季節の自然の音とかおりを拾い集めることをテーマとしている。鴨川みずべの里は、鴨川に注ぐ小川を造り、清流ゾーン(石を敷いた水流)、みどりの小川ゾーン(生き物が多く水深の浅い小川)、さかなの小川ゾーン(水深60cmで魚が生息できる)に区分けされている。この小川は鴨川の旧河道に沿って作られたものだが、水の流れは昔と逆方向である。
  • 千貫樋水郷公園 - さいたま市桜区上大久保にある親水公園。旧水路にある千貫樋を改修・整備し、1987年(昭和62年)2月28日に完成した。当初は(仮称)五関水路公園として整備が進められていた。2箇所の釣り池があり自由に釣りを楽しめる。
  • 鴨川排水機場(さいたま市桜区大字下大久保) - 内水排除を目的とする施設[4]
  • さくら草公園(さいたま市桜区大字田島・大字西堀
  • 水門 - 鴨川は荒川合流前に荒川第一調節池を通り、入口と出口に水門が設けられている[5]。上記のサクラソウ自生地の冠水頻度を変えないために、荒川で中規模以上の洪水が発生しない限り水門は開いている[6]
    • 昭和水門(さいたま市桜区大字田島[7]) - 調節池入口。老朽化、及び流域の都市化に伴う流出量増大等により流下能力の不足を招いていた昭和樋門(1934年(昭和9年)完成)に代わり、1986年(昭和61年)度に着工し1990年(平成2年)度に完成[8]。閉門時は周囲堤の一部となる[5]
    • さくら草水門(朝霞市上内間木[9]) - 調節池出口。閉門時は囲繞堤の一部となる[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関東地方整備局告示第342号P2 - 国土交通省 関東地方整備局
  2. ^ 国道463号埼大通り)の浅間橋の標識。
  3. ^ 平成24年度 桶川市「道の駅」基礎調査業務委託報告書(抜粋) (PDF) p. 7 - 桶川市ホームページ、2013年3月、2015年7月13日閲覧。
  4. ^ 河川事業”. 埼玉県. 2017年5月17日閲覧。
  5. ^ a b 調節池の役割としくみ (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所. 2017年5月17日閲覧。
  6. ^ 調節池”. 国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所. 2017年5月17日閲覧。
  7. ^ “事業認定理由” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局, (2006年7月6日), http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000006556.pdf 2017年5月17日閲覧。 
  8. ^ a b 水門”. 国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所. 2017年5月17日閲覧。
  9. ^ “荒川水系河川整備計画【大臣管理区間】(原案)” (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局, (2014年11月), http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000636548.pdf 2017年5月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]