鴨ノ庄信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨ノ庄信号場
Koukan5.svg
構内配線図 A:厚狭 B:湯ノ峠
かものしょう
Kamonoshō
厚狭 (2.0km)
(2.2km) 湯ノ峠
所在地 山口県山陽小野田市
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 美祢線
キロ程 2.0km(厚狭起点)
電報略号 カモ
駅構造 地上駅
ホーム 2線
開業年月日 1969年(昭和44年)3月29日
テンプレートを表示

鴨ノ庄信号場(かものしょうしんごうじょう)は、山口県山陽小野田市鴨庄にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)美祢線信号場である。

かつて存在した松ヶ瀬信号場共々、美祢線美祢駅 - 宇部線宇部港駅間に多数運転されていた石炭石灰石輸送の貨物列車を捌くために設けられていたが、現在では交換する列車はない。

歴史[編集]

構造[編集]

厚狭駅 - 湯ノ峠駅間にある2線を有する、単線行き違い型信号場。

一見一線スルー構造のように見えるが、全列車とも進行方向左側の線路を使用するため、厚狭駅方面の列車は分岐器通過のため前後で減速する。

周辺[編集]

線路に平行する厚狭川に沿って耕作地が広がる。

隣の施設[編集]

西日本旅客鉄道
美祢線
厚狭駅 - 鴨ノ庄信号場 - 湯ノ峠駅