鴛鴦刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴛鴦刀』(えんおうとう)は、金庸の武俠小説。長編を得意とする金庸には珍しく短篇小説である。

鴛鴦刀
各種表記
繁体字 鴛鴦刀
簡体字 鸳鸯刀
拼音 Yuān Yāng Dāo
注音符号 ㄩㄢ ㄧㄤ ㄉㄠ
ラテン字 Yüan1 Yang1 Dao1
発音: ユアンヤンダオ
広東語拼音 Jyun1 Joeng1 Dou1
広東語発音: ユンヨンドー
上海語拼音 Ieu ian to
上海語発音: ユンヤント
閩南語白話字 Oan-iuⁿ-to
閩南語発音: オアンユント
台湾語発音: ウアンヨンドー
日本語読み: えんおうとう
英文 Mandarin Duck Blades
テンプレートを表示

概要[編集]

1961年、『明報』に掲載された。日本語版では、短編集『越女剣』に収録されている。

乾隆年間、手に入れたものは「天下無敵」になれるという鴛鴦刀をめぐり争う俠客たちの物語。ラストには意外なオチが用意されている。

登場人物[編集]

蕭中慧(しょうちゅうけい)
蕭半和の娘で、父が欲しがっている鴛鴦刀を入手しようとして江湖を旅している。作中、袁冠南とともに二人一組で使う「夫妻刀法」を習得する。
袁冠南(えんかんなん)
書生風の青年。基本的には素手で戦うが、筆と墨を武器にすることもある。蕭中慧とともに「夫妻刀法」を習得する。
卓天雄 (たくてんゆう)
年老いた盲人に見えるが、実は武芸の達人。北宋建国の功臣、呼延賛に起源を持つ「呼延十八鞭法」の使い手。
蕭半和(しょうはんわ)
蕭中慧の父親。江湖で高名な大俠客。

書誌情報[編集]

  • 岡崎由美 監修/林久之、伊藤未央 訳『傑作武俠中篇集 越女剣』(徳間書店、2001年) ISBN 4-19-861363-X  p183~p278