鴇田勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴇田 勝彦(ときた かつひこ[1]1945年(昭和20年)4月6日[2] - )は、日本の官僚、実業家。元中小企業庁長官。株式会社TOKAIホールディングス代表取締役社長CEO、株式会社TOKAI代表取締役会長。埼玉県出身[1]

略歴[編集]

1968年(昭和43年)に東京大学法学部を卒業し、通商産業省に入省する。中小企業庁次長、防衛庁装備局長等を経て、1998年(平成10年)中小企業庁長官に就任する。

退官後[編集]

通商産業省を退官後は石油公団理事を経て、ザ・トーカイの顧問に就き、2003年(平成15年)同社の副社長となり、2005年(平成17年)には社長。2008年(平成20年)副会長。2009年(平成21年)からは会長を務めている。

年譜[編集]

  • 1968年(昭和43年) 東京大学法学部卒業[1]
  • 1968年(昭和43年)4月 通商産業省入省[2]
  • 資源エネルギー庁石油部流通課長等を経て[3]
  • 1992年(平成4年)6月 資源エネルギー庁長官官房総務課長[2]
  • 中小企業庁次長等を経て[4]
  • 1996年(平成8年)7月 防衛庁装備局長[2]
  • 1998年(平成10年)6月 中小企業庁長官[2]
  • 1999年(平成11年)9月 石油公団理事[2]
  • 2002年(平成14年)9月 株式会社ザ・トーカイ顧問[2]
  • 2003年(平成15年)6月 株式会社ザ・トーカイ取締役副社長[2]
  • 2005年(平成17年)6月 株式会社ザ・トーカイ取締役社長兼最高執行責任者(COO)[2]
  • 2008年(平成20年)6月 株式会社ザ・トーカイ取締役副会長[2]
  • 2009年(平成21年)10月 株式会社ザ・トーカイ取締役会長兼最高経営責任者(CEO)[2]
  • 2016年(平成28年)11月 瑞宝重光章受章

脚注[編集]