鳶ヶ巣城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
鳶ヶ巣城
島根県
鳶ヶ巣山
鳶ヶ巣山
別名 なし
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 宍道久慶
築城年 永正年間(1510年代)か
主な改修者 宍道隆慶
主な城主 宍道氏、尼子氏
廃城年 慶長5年(1600年)
遺構 郭、土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度24分32.36秒
東経132度46分26.64秒

鳶ヶ巣城(とびがすじょう)は島根県出雲市西林木町にあった日本の城。市指定史跡

概要[編集]

二方を深い谷に囲まれた尾根筋に築かれた城郭で、宍道氏が拠った。大内氏の出雲侵攻後一時期宍道氏は追われたが、後の毛利氏の侵攻に従い再び入城した。その後、関ヶ原の戦いにより毛利氏が周防長門二国に減封され、宍道氏もこれ従い廃城となった。

戦国時代当時、宍道湖は城下付近まで拡がっており、北山山脈地域及び宍道湖の水運を押さえる戦略上の要衝であった。

現在、城域一帯が鳶が巣城址公園として整備されている。

遺構として、山頂部に主郭を中心として放射状に郭が展開する他、山麓部には単純な構造ながらかなり広い郭群が存在しており、数次の改修の痕跡も含め、当城は、毛利氏の出雲侵攻・支配の際に、物資の集積・中継地としての機能や、兵員の駐屯地としての機能を強化されていったと考えられる。

毛利輝元らは、「尼子再興軍」との戦いで、尼子方の米原綱寛が籠もる高瀬城及びその支城群を攻撃する際に、当城を毛利軍の拠点の一つとして使用している。

沿革[編集]

  • 永正年間、宍道久慶が築城し、金山要害城より本拠を移した。
  • 1543年天文12年)大内氏の敗退により、宍道氏が追われ尼子方が入城した。
  • 1561年永禄4年)毛利氏の侵攻に従った宍道隆慶・政慶父子が再び入城し改修した。
  • 1570年元亀元年)尼子再興軍討伐の為、毛利輝元らが入城。ここを拠点として、尼子方の高瀬城とその支城を攻撃した。
  • 1600年慶長5年)関ヶ原の戦いにより毛利氏が減封され、宍道氏もこれに従い廃城となった。
  • 1960年昭和35年)市指定史跡となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]